好きな音楽、学校生活、ギター、アニメ、ゲーム。忘れたくないから残せたら良いな。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんは~。

結局『よ』か『て』で迷ったのですが『よ』にしました、
題名しりとりは『――』の部分をどうするか悩みます、
みいるです。
前回のは私の大好きなゲームの台詞ですが、
『――』の部分は・・・・・・ネタバレかつ悲しい言葉なので。


さて、
今日はビフォーアフターでも。
比較第6号です。
百合繋がりです。
実は一番に比べたかったことを今回比べますが、
需要が高くていつまで動画が残るか・・・・・・。
私はなぜかそういう曲を好きになる傾向があるようで、
CDとかなかなか手に入らないんですよね。
ネットではなくお店の安売りでしか買わないからですが。

今回は私の好きな作品からビフォーアフター。
この作品をやってから約束を破らなくなったのは良い思い出です。
・・・・・・時間は守りませんけどね。
それはともかくさっそく載せましょう。


ビフォー。
ゲーム『アカイイト』BGMより
曲:泡沫


アフター。
ゲーム『アカイイト』サウンドトラックCDより
曲:泡沫 唄:霜月はるか


どうでしょう。
『泡沫』は「ほうまつ」ではなく「うたかた」です。
元々BGMだったものがとても好評だったので、
ゲーム『アカイイト』のOP曲とED曲を歌っている霜月さんに歌っていただいて、
新しい『泡沫』ができたという。
面影がありますがまた違う雰囲気に仕上がっています。
ゲーム内容とキャラクターにリンクしている歌詞で奧が深い・・・・・・。
古典的な歌詞で面白いものです。
ビフォーの方は、
イントロの方がホントは少しあるのですが消去対策で消えていますね、
繰り返しているのでそのイントロも聴けるのが救いです。

前の携帯電話を使っていたときに、
BGMの『泡沫』を録音して聴いていましたね~。
もちろん音質は悪くて目覚ましとかにはできなかったのですが。
自分を鼓舞するときによく聴いていました。
もうゲーム中に口ずさんでしまうほどお気に入りです。
サウンドトラックCDは一度だけ売っているのをお目にかけたのですが、
次の日には誰かが買い取ったようで買えず・・・・・・。
難易度の高いCDですorz



おまけ。

実はBGM『泡沫』自体、
ある曲に似せて作られた曲なんです。
それがこちら。

ゲーム『アカイイト』OP
曲:廻る世界で 唄:霜月はるかさん/riyaさん


ツインヴォーカルで掛け合い、
特にサビの表パートと裏パートに分かれる部分が好きです。
それはともかく・・・・・・。
要するに、
歌→BGM→歌という流れで3曲素晴らしい曲ができた、
というわけですね。
何度見ても伏線だらけのOP・・・・・・
それに魅せられて買ってもらったのが私です。


余談。
大学の友達がこの続編(物語としては孤立)の『アオイシロ』を買ったとかで、
久々に調べてみたら素材がいっぱいあったのでビフォーアフターという流れで。
友達曰く、
『(ホラーかと思って買って起動したところ)・・・・・・え?』とのこと。
百合要素濃いのに大丈夫ですかね?
私は逆に百合好き仲間が欲しいので光栄です。


では、ウィ~ウィ♪
スポンサーサイト

【2012/05/26 00:36】 | 比較でも。
トラックバック(0) |
こんばんは~。

お久しぶりです、
みいるです。
久々の更新になってしまいましたね。
忙しかったのです、
ご心配おかけしました^^;

というのも、
テストがあったり体育祭があったり、
大学見学の詰め込みで休みがなかったり、
ストレスでお腹を壊したり、
姉がハムスターさんと住み始めたり、
いろいろなことがありました。
今ではテスト返却も終わったほどなので、
それなりにのほほんと過ごしております。
大学の方もそれなりに決まってきたので、
あとは願書を出したりと落ち着いております。
まぁ、
そのことはまた後日に。
とりあえずは比較でも。
実は半年くらい前から書こう書こうと思っていて、
タイミングを逃していた比較です。


そんな比較第五号。
『西尾大介さん』。

聞き覚えがない方が多いのではないかな・・・。
説明は後に、
さっそく比較でもしましょうか。


ビフォー(上)。
アニメ『ドラゴンボール』OP。
曲:魔訶不思議アドベンチャー! 唄:高橋洋樹さん

アフター(下)。
アニメ『ふたりはプリキュア』OP。
曲:DANZEN! ふたりはプリキュア 唄:五篠真由美さん




まさかの比較ですね。
西尾大介さんという方、
実は監督さんでして。
同じ方がやっていたんですよ~。
と言っても、
『ドラゴンボール』は共同ですけどね。
『~プリキュア』の場合は、
戦闘シーンとかとても格好良かったのを覚えています。
当時のプリキュアは、
戦闘はずっと体術という状態だったので、
特にかっこいいなぁと。
まぁ体術なので、
叩く蹴るがどうしても多くなってしまうので、
当時の親御さんから苦情が来るのも分かります。

分かるかなぁ・・・。
普段丸っこい目をしている主人公たちも、
戦闘になるとキリッとなるのですが。
スピードのある演出で、
大好きでしたね~。
動きがあるっていか。
今回はそんな意外な接点をせっかくなのでと思って、
比較してみました。



おまけ。
アニメ『エアマスター』OP。
曲:列の瞬 唄:ジャパハリネット


私が見ていたアニメの一つですが、
同じく西尾さんがやっていたものです。
OPの演出はほとんど本編の映像なのですが、
久々に見たら『~プリキュア』を思い出したので。
眼とかそのものですから、
力強さが。
話数が少ないのがもったいないほどで、
面白い作品です。



じゃあ、
終わりにします~。
西尾大介さんの作品の戦闘シーンは、
ホントかっこよくて好きという話でした。
他にも、
『金田一少年の事件簿』なども手がけています。
この共通点を知ったのも、
偶然でしたので・・・すごいなぁっと。
さて、
後日からまたゆっくり書けたらいいなっと思います。
拍手のお返事もまた後日に^^;
では、ウィ~ウィ♪

【2011/10/22 20:36】 | 比較でも。
トラックバック(0) |
こんばんは~。

徹夜なので、
みいるです。


そんな比較第四号。
『坪倉唯子さん』。

ふっと思い出したので、
比較してみようかなっと。
人の声って不思議なもので・・・。
今回比較するのは、
歌声。
名前で気付く方もいるのかな。
『え!? あの曲と同じ人が歌ってたの!?』
と、
知った当時は驚愕したものです。
年を取った…ってわけじゃなくて、
出し方が全く違うんだろうなぁ。
そんな歌声なんです。
というわけで、
どうぞ。


ビフォー(上)。
アニメ『ちびまる子ちゃん』ED曲。
曲:おどるポンポコリン 唄:B.B.クイーンズ

アフター(下)。
アニメ『SAMURAI DEEPER KYO』OP曲。
曲:青のレクイエム 唄:坪倉唯子さん




どうでしょう。
同じ人だって気付くのに3年かかりました。
活動名も違いますし、
曲の雰囲気も全く違いますから・・・。
当時の『おどるポンポコリン』は、
OPではなくEDで流れていたんですよ~。
現在はB.B.クイーンズでもなくなってしまいましたが。
『~KYO』の方は、
漫画とはまた違う展開・・・オリジナルストーリーでしたが、
あれはあれで好きですね~。
ゲームの方のOP映像は、
テロップが担当声優さん紹介になった同じ映像のものです。

あと、
自慢です。
この頃のアニメ『ちびまる子ちゃん』のカード、
何枚か持っています。
と言っても、
姉からもらったものを保管しているだけなのですが。
『SAMURAI DEEPER KYO』の漫画は全巻集めさせてもらいました。
・・・だって面白いんだもの。
作者・上条明峰さんの性別が女性という噂はホントなのかな?
だとしたらとてもかっこいい絵を描く女性だ。


おまけ。
曲:青のレクイエム 唄:坪倉唯子さん


せっかくなので漫画の方の絵を。
今聴くと転調の部分が難しくて歌えない・・・なぁ。
フルで歌えていた昔の自分もいるんですけどね(笑)



じゃあ、
終わりにします~。
ちなみに、
『~KYO』は一応戦国ものなので、
気になる方は調べてみてください。
個人的にとても気に入っている作品です。
漫画は全38巻です。
それにしても、
はぁ~・・・懐かしい・・・。
時間があれば1巻から読み直しているところですよ^^;
読むためにも早く進路決めないとね。
では、ウィ~ウィ♪

【2011/09/23 01:45】 | 比較でも。
トラックバック(0) |

こんにちわ!
ryuka
早速遊びに来させてもらいましたw
…違いすぎじゃね!?こりゃ気付きませんわw

kyoは、連載当時読んでましたねー。
少年だったので(笑)繰り出される技に熱くなったものですよ!

個人的にはアキラの二刀流が好きでしたねw

ryukaさんへ
みいる
こんばんは~。

昔から何度聴き比べても、
同じ方というのは信じられません(笑)
不思議な歌声です。

思ってみれば、
釣竿や風で人を切ったりと技のすごい作品でしたね。
かと思えばOP映像は大人しい雰囲気で。

アキラは二刀流と残酷さがかっこいいですよね!!
ちなみに、
『サスケ』というHNを使っていた時期があるのですが、
猿飛サスケからお借りしたという思い出が。
あと、私は灯が好きです。
(巻が後ろの方のキャラですが分かりますかね・・・?)

ではでは~。

コメントを閉じる▲
こんばんは~。

4つ目です、
みいるです。
書くのは4つ目、
でも載った時には今日2つ目として。
いや、
元はと言えば、
題名しりとりの関係でそうなってしまって。


そんな比較第三号。
『夏影』

『AIR』という作品からですね。
いきなり余談ですが、
カラオケで歌うとカロリー消費量が飛び抜けます。
『鳥の詩』と互角ですね。
声質の関係であまり歌わない『夏影』です・・・。
そんなことはいいとして、
個人的に結構違うものになったなぁと思っています。
でも原曲を壊さない程度で・・・というか、
歌い手も素晴らしいんだろうな。
声が透き通っていて、
それで歌詞の切なさが増して。
歌詞を読むと、
私もいつか・・・って不安になりますね、
だからこそ忘れないんだと思いますが。
もう年を越しちゃったのか~・・・。
というわけで、
どうぞ。

ビフォー。(上)
『AIR』BGMより
曲:夏影~summer lights~
アフター。(下)
『AIR』より
曲:夏影 唄:Liaさん



関係ない話ですが、
私のお父さんの実家が新潟にあるんですね。
毎年お盆に行っていたんですが、
今年は震災や豪雨の関係で行けず・・・。
でも、
去年見た風景はちゃんと覚えています。
といっても、
昔と何も変わらないだけなのですが。
退屈なお盆だったれども、
今となってはちゃんとした思い出です。
もう義理の姉も兄も、
社会人になって遊んだりはしませんが、
良い思い出です。
そんな思い出を思い出してもらいながら、
聴いてもらえると嬉しいです。
アフター(下)に映っている神尾観鈴のことでも構いません。
それはそれで、
私も嬉しいです。

にしても、
草原でも走ってみたいです。
私の住む地域は木や森っぽい公園はあるんですが、
草原って全くないもので。
きっと私には、
サイクリングの方が似合うんだろうな(苦笑)


じゃあ、
終わりにします~。
今年の夏は、
今までの夏よりあっという間だったなぁ。
宿題に追われていたのもあるけれど、
考えることが多くて。
来年の夏はどう過ごしているんでしょうね、
私は勉強に追いついてない気がします。
『AIR』忘れるなよ~私、
どんな時でも。
では、ウィ~ウィ♪

【2011/08/31 23:49】 | 比較でも。
トラックバック(0) |
こんばんは~。

今日1つ目の記事ですが、
書くのは3つ目です。
そこは管理人という立場を利用しますので。
どうしても8月中に書きたかったこと、
夏の間に書きたかったことがあったので。



そんな比較第二号。
『AIR』

今回はゲーム版とアニメ版のOPの比較。
アニメの方は時間が取れなくてまだ見ていないのですが、
ぜひ来年の夏にでも見たいですね。
今年は見ようとは思ったんですけどね、
事情がありまして・・・。
ということで、
出会いはゲーム版から。
曲やキャラクター、お話はそれなりに知っていましたが、
やっぱりプレイすると知ったか感を実感しますね。
時間があればもう一度初めからやりたいです、
今回は記憶を消したいなんて思わないで。
いなくなってしまう『あたりまえ』や、
いなくなってしまった『あたりまえ』を、
私は忘れたくないから。


アフター(上)。
アニメ『AIR』OPより
曲:鳥の詩 唄:Liaさん
ビフォー(中)。
ゲーム『AIR』OPより
曲:〃 唄:〃
アフター(下)。
アニメ『AIR』OP(Blue-ray版のロングver)より
曲:〃 唄:〃




どうでしょうか。
せっかくなのでビフォーを挟んでみました。
前に比べたことがありましたが、
ゲームとアニメでは、
『The 1000th summer ――』や『key』や『AIR』など、
出る順番がバラバラなんですね。
あとキャラクターも、
神尾観鈴(金髪の女の子)以外の2人が逆になっています。
タイミングの取り方も少し違いますね。
ヒロインの部分はもう・・・原作を意識してくれて、
嬉しい限りですよ。
髪飾りとか手の形とかそのままじゃないですか、
さすがです・・・。
あと思うのは、
最初のバス停(中)と空(下)は、
視点が違うのかなっと思った。
最後の方も今度は逆の風景が映っているから。
堤防(中)と海で遊ぶ子供たち(下)みたいな。
誰の視点かはあえて言いませんが。
あとは、
アニメだけあって、
よく動きますね~、
髪の毛とか雲とか。
5年経っても色あせません。

個人的に、
考えさせられることが多かった作品の一つですね。
内容を理解しても、
それだけじゃ足りないんです。
考えないといけないんです。
『The 1000th summer ――』だけあって、
1000年分みっちりとはありませんが、
その長さを理解してしまいます。
勉強になりました。



おまけ。
『AIR』より
曲:羽根




じゃあ、
終わりにします~。
時間があと1時間ありますので、
もう一つ書きましょうか。
(この記事は順番は一番でも3番目に書いた記事です)
同じ作品ですけどね。
どうせ夏の終わりですし。
こんな感動を与えてくれた憧れの人はもういませんが、
一度お会いしてみたかったですね。
そう思うのは私だけじゃないはずですが。
では、ウィ~ウィ♪

【2011/08/31 23:46】 | 比較でも。
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。