好きな音楽、学校生活、ギター、アニメ、ゲーム。忘れたくないから残せたら良いな。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんは~。

久々に本を小説を買って読み終わったので書きます、
みいるです。

『そういえば最近小説買ってないなぁ……』
と思いながら本屋を彷徨っていたところ、
ある本の表紙に一目惚れ。
『何これ綺麗……』
その表紙は、
ずっと前に私が妄想していたものに少し似ていて。
他の本も見てみたけれど、
もうその本が気になってしょうがなく。
購入。
それが約2週間くらい前の話。


で、
読み終わったので感想
(こちらはネタバレはないのでご安心を)。
なかなか面白かったですね。
天使と悪魔、そして人間のお話。
……といっても天使と人間とが中心のお話なのですが。
人間に天使が恋に堕ちる物語。
あまり読まない関係だったので新鮮でした。
ありそうでないんですよね。

さて、
ギャグとシリアスが良い具合に。
そしてもう見事に、
私の感動ストライクゾーンど真ん中に入りましたよ。
電車内でウルウルしながら読み続けたという。
家でなら泣きながら読んでいたことでしょう。
なかなかの泣き虫なんですよ、私。

話のテンポや細かなところまで良くて、
思っていたよりも深かった。
そしてリンゴが食べたいです。

私も主人公の天使のように強くなりたいですね。
まぁ、
私は心は既に悪魔ですが。


というわけで読みました。
『秘蜜 黒の誓い』。
著:ひとしずくPさん 絵:鈴ノ助さん
秘蜜 黒の誓い秘蜜 黒の誓い
(2012/09/21)
ひとしずくP

商品詳細を見る


表紙に一目惚れしてあらすじを読んで、
主人公の天使の名前がリン、
そして黒い服の少女がミク。
ん……リンとミク?
『あぁ、確かにあれに似てるなぁ』
と、ここで購入。
その3日後(それまでいろいろあったのよ)、
読み始めようとして
『そういえばこの本の周り、
 ボーカロイドの絵の描かれた本ばかりだった気がする』
と思って。
読み始めて3ページ目のルカとグミで気づいた。

『これボーカロイド(のキャラクター)の本じゃん!!』

(みいるさんはリンは名前でしか、
 ミクは緑の髪の子とその声しか知りませんでした)
正直に言おう。
ミクがとても可愛くて気づかなかった。


まぁ、
こんなことがありましたが、
別にいつも通り表紙を気に入って買いましたので気にしてなくて。
思っていたよりも良かったですよ、
買ってよかったです。



感想。
ネタバレを含むため伏字にしますので読んでも大丈夫な方のみ反転をどうぞ。
 背景の関係で伏字解除されている場合があるのでお気をつけて。
 尚、見てしまった場合の責任は負えないのでご了承ください。


私が昔していた妄想では、
優しい悪魔さんが自分を犠牲にして人間を助けるのですが、
少し似ていて驚きました。
私の妄想は大抵自己犠牲でヒロインを助けるものですが。
そういうお話が好きでして。
で、正直、
『本だからハッピーエンドかなぁ……』って少し負の気持ちになっていて。
その気持ちを見事に覆してくれましたね。
よくやってくれました。
終章でも行き過ぎたハッピーではなくて。

さてさて。
まさか表紙から伏線っていうかヒントというか、
あったのは驚き。
彼女がそちらから人間になったのは気づきましたが、
なるほどねぇ……と。
ただ、
少し分かりにくい部分があるのでどうなるか。
(みいるさんは頭はかたい人間です)
曲の方は聴いていないので分からないのですが、
もし『~黒の誓い』が片割れならば、
解消しきれていない部分が片割れで解消できればなっと。
その片割れは出るのかあるのか分かりませんが(苦笑)
あと強いて言うなら、
別れのシーンはもう少し引っぱっても――とか思ったり。
でも、
リンの笑顔にはもう胸が痛くて痛くて涙がこぼれそうでしたよ!!
電車内で読んだことを何気に後悔しております。

この作品のの方々は、
ほとんどみんな大切な人のために行動をしてますよね。
ミクはお母様、リンはミク、カイトはリンって感じかな。
大切な人の幸せのために大切な人を傷つけてるけれど、
それでも幸せにはなってほしいからね。
あとは、
忘れられることは今の私自身にとって一番の悲しみなので、
読んでいて辛かったですね。
『……あぁ』ってなりましたよ。
胸が痛かったです。
あとミクがリンゴを食べるところも。


余談。
みいるさんの購入時のエンド予想。
ミクは実は悪魔で戦わざるをえなくなり、
リンは殺してしまう。
それでもその大切な人のためリンは自己犠牲に……。
的な。
……最後だけかすっていた。
さすがに、
存在が消える+大切な人の記憶から消えるの同時進行は、
私でもやるせないためあってほしくはないですが。
前にそういうアニメがあったのです。
今も好きですが、
悲しすぎてもう見たくない、
見るなら記憶を一度消してから見たいっていう。
良い意味で苦手なアニメですね、
毎度毎度胸が痛くなって苦しいので(苦笑)
今回の小説はそんなエンディングではなくて良かったです。



さて最後に。
この本を手がけてくださった、
ひとしずくPさんや鈴ノ助さん方々。
面白い作品をどうもありがとうございました!!!




じゃあ、
終わりにします~。
思っていたよりも近頃電車での遠出が多かったため、
予定より早く読み終わってしまいました。
どうしよう……。
他の本を読み返してみようかな。
漫画を売らないと小説本が本棚に入らないんですよね(笑)
おかしいなぁ、
部屋に本棚2つあるのに。
……3つ目は購入はしたくないな、
本棚買うくらいなら本を買う。
また良い作品で出会えることを信じて。
では、ウィ~ウィ♪
スポンサーサイト

【2013/01/22 23:26】 | 本。
トラックバック(0) |
こんばんは~。

そう!!!、
見事夏バテ気味です、
みいるです。

全国高校野球選手権大会、
いわゆる甲子園が今日終わりましたね。
今回は例年に比べて、
天候に左右されての日程変更や、
試合中の雷雨により2時間試合休止などもありましたが、
無事に終わったみたいで良かったです。



さて、
今日は本の紹介でもしましょう。
別に甲子園に便乗するわけではないのですが、
野球関係です。


もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
(2009/12/04)
岩崎 夏海

商品詳細を見る

「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」
著者:岩崎夏海さん

都立程久保高校の野球部のマネージャーを務める川島みなみが、
ドラッカーの『マネジメント』を読み、
その野球部を甲子園に連れていこうとする話。

大まかなあらすじはこんな感じです。
まぁ、
名前だけ知っている方は多いのではないでしょうか。
アニメや実写映画で『もしドラ』としてやっていましたね。


感想です。
ネタバレは入れないのでご安心を。

分かりやすくて面白かったです。
マネージャーという仕事だけのストーリーじゃないというのがまた良いかな。
私が野球・甲子園好きというのもあるのですが、
分かりやすかったですね。
野球の基礎ルール(盗塁やバント)が分かっていれば楽しめると思います。
私個人では結構頭の中がスッキリした印象で、
『あ、なるほど!!』という甲子園野球のことを。
あとは、
自分がこの本を読んでどう行動するか、ですね。
今回この本を買うきっかけというのも、
本が中古で売っていたのを見かけてというのもあるのですが、
個人的にマネージャーの仕事について興味があったからという。
というか、
私はこの本を読んでいないと、
多分大学のテストで単位が取れなかったんですよ。
きっかけ自体は大学の単位を落とさないためという。
とても参考になりました。

ちなみに、
私は読み終わってこの2週間ほど、
バッティングセンターに行きたくて仕方がない……。
休みの間に一度は行っておきたいのですがなかなか(苦笑)

まぁ私の場合、
大学の教授が最後の展開をばらしやがったせいで、
最後の最後で楽しめなかったんですけどね!!!
人が金をかけて買って楽しみにしているものを何故壊すか。
しかも私自身のお金で買ったわけじゃないから、
展開を楽しみにしていた分支払ってほしい、私の親に。
生徒全員が読み終わったように話をしやがって、
ホントむかつきましたね。
知っていてえらいとかないからそんな話しないでほしい。
……はぁ、
「もし~ドラ~」の話をするとその教授を思い出すので、
イライラというかストレスが。
気分を悪くされた方、
申し訳ない。


まぁ、
なんだかんだで、
「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」。
気になった方はぜひ買ってみてください。



じゃあ、
終わりにします~。
そういえば、
本『もし~ドラ~』とアニメ『もしドラ』のみなみの顔って、
結構違って当時驚いたものです。
優しい顔からプライドが高そうな顔になっていたので……。
それを理由に見なかったわけはありませんが。
私はどちらのみなみも好みなので良いんですけどね。
では、ウィ~ウィ♪

【2012/08/23 23:04】 | 本。
トラックバック(0) |
こんばんは~。

起きたら夜でした、
みいるです。
最近休みの日を、
太陽を見ずに迎えるということが多いんですよ。
夜更かしとか気をつけねばなりません。
あと宿題を貯めるのも気をつけたいですね、
そろそろ危険です。


さて、
今日は本の紹介でも。

喜多川泰さん
『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』


あらすじ。
それはウソから始まった。
高校2年の夏休み、
熊本に住む秋月和也は、
ちょっとしたウソを友達についてしまい、
家族にも内緒で一人東京ディズニーランドに行くこととなる。
しかし、
帰りの飛行機に間に合わず乗り過ごしてしまい……。


「また、必ず会おう」と誰もが言った。「また、必ず会おう」と誰もが言った。
(2010/11/18)
喜多川 泰

商品詳細を見る




読み終えてからの率直な感想を言うと、
掃除がしたくなる本でした。

一人で、
しかも親や友達にも内緒で、
帰れなくなってしまいどうするか・・・というものですね。
空港で途方にくれていると、
一人のおばさんが話しかけてくれ助けてくれます。
その人が帰る方法を教えてくれるのですが、
それがまたとんでもないことで・・・。
でも言っていることは間違いではなく。
そこから帰るための一人旅が始まります。

個人的に、
私が男の子に生まれていたのなら、
こういうことしてみたいなぁ~と思います。
昔から旅に憧れていたもので^^;
自転車で適当に走って、
写真とか撮って、
お金はまぁ貯まっているのとか使って、
旅館に泊まるとかじゃなくて野宿とか、
そういうのをしてみたいんですよね。
だからこの本を読んでいて、
私が男の子だったらこんなことしていたかもな~と、
思っていたり。。。

あとは、
初めて題名を見たときに思ったのが、
『なんか暗そう・・・・・・』と。
なんかよく分からないけど、
来世とかそういうのを予想していたという。
よくぞ裏切ってくれました(笑)



喜多川泰さんの本は、
今回の『「また、必ず会おう」と誰もが言った』で2冊目です。
・・・・・・と思っていたら、
そのもう1冊の方の感想、
私書いてないみたいですね、
驚きです。
『君と会えたから・・・・・・』という本なのですが。
なんというか、
喜多川さんの本って良い意味で癖がありますね~。
ぜひ他の本も読んでみたいと思います。



じゃあ、
終わりにします~。
私のクラスを担当している古典の先生の話ですが、
結構嫌われ者です。
言っていることは間違ってはいないのですが、
なんか嫌われているんですよね。
実はその先生の授業を受けるまで、
『古典』というものに全く興味が無かったのですが、
今では大好きになるほどに^^;
それで宿題というか自由課題で、
いくつかの古文を暗唱するというものを出されました。
『竹取物語』や『徒然草』などですね。
一度中学の頃に授業で同じものの暗唱をやったのですが、
当時ひねくれていたのでやらなかったんですよ(苦笑)
ようは面倒で逃げたのですが、
今回せっかくなので向き合おうと思いまして・・・。
頑張りたいと思います。
では、ウィ~ウィ♪



拍手のお返事です。



水さんへ

こんばんは~。
拍手ありがとうございます^^

ありがとうございます!!!
いや~、
何度も壁にぶち当たりましたが、
無事に合格できました。
もう遊びまくりですね~(笑)

おぉ、さすが水さん知っているのですね。
『ママレード・ボーイ』は、
同じ家に住むということにとても憧れました。
遊君はホントに良い男の子ですよね、
今ではあまりいないタイプの子です。
恋人を励ますために
命がけの事(窓から窓へ飛び越えたり)をしますからね~。

ではでは~。




月華さんへ

こんばんは~。
拍手ありがとうございます^^

ありがとうございます!!!
これで安心していろいろなことに向き合えます。
まずは荒れている部屋の掃除ですね(笑)

いや~、
まさかこんな私が大学生とは・・・。
休み時間にドッジボールをしていた頃が懐かしいです。
ブログ継続はどうでしょうね~・・・
今後大学から通信教育(課題)が来るので様子を見ますが、
手を放せない程度に難しいことをするかもしれないので^^;
どうなるか分かりませんが、
ありがとうございます♪

ではでは~。


追記を閉じる▲

【2011/11/24 01:05】 | 本。
トラックバック(0) |
こんばんは~。

お父さんのお誕生日でした、
みいるです。
私の憧れのベーシストと同じ日です。
久々にしゃぶしゃぶとすき焼きを食べ、
元気をもらいました^^
次はいつになるかな。



さて、
今日は久々に本の感想でも。


題名:ツナグ 著者:辻村深月さん
いきなりですが、
死んでしまった人一人に会えるとしたら、
誰に会いますか?

使者(ツナグ)に
『この人(死者)に会いたい』と依頼をすると、
その死者と交渉をしてくれ、
会えるかもしれないというもの。
そんなお話です。

ツナグツナグ
(2010/10)
辻村 深月

商品詳細を見る



さて感想です。
表紙の綺麗さに惹かれて買ってしまいましたが、
面白かったですね。
死者と会うのにもいろいろ条件があり、
考えさせられたというか、
想像させられました。
私だったら誰に会うのかなとか、
自己中心的にならないかなとか、
会って何を話すかとか。
クラスの友達を見て、
この子は誰と会うのかなとか。
いろいろ考えたな・・・。

で、
さっきの質問。
『死んでしまった人一人に会えるとしたら』、
私はおじいちゃんですかね。
・・・と言いたいところですが、
冬美ちゃんかな。
別名、岡本幸江ちゃんだと思いますが、
どうなんでしょうね。
慌ただしい高校生活の中で、
気付かないうちに年を抜かしてしまいました。
私の人生の恩人です。
と言っても、
実在はしない女の子ですけどね。
でもきっとその前に、
勇樹くんに教えて会わせるか・・・な。
同じく実在はしませんが。
むしろ会わせたいな。

結局、
私は家族か幼馴染に会うと思う。
別に今の友達を信頼しているとかじゃなくて、
ただただいろいろなことを話したいから。

私が死んで誰かに会ったら、
何を話すんでしょうね~。
もしかしたら誰とも会わないかもしれません。
それはそれで、
納得しそうだなぁ。


さて、
ここからはネタバレのある感想を書きます。
間違って読んでしまっても、
責任は負いませんのでご了承ください。

―――感想―――
そういえば、
『使者の心得』を読む前に考えたことが。
もし誰にも会わないままの死者は、
どうなってしまうのか。
魂は輪廻していると考えると、
会わないままの死者はずっと生き返らないのかなと。
『思い出を共有する人がいなくなるのと同時に、
 消えてなくなるのかな』とか、
たくさん考えました。
で、
思い至ったのが、
『死者は生まれ変わった後でも、
 元の存在に戻って会うんじゃないか』と。
私が死んで、
来世の人間になった後に依頼が来て、
魂と姿、記憶も前世のものに戻って、
会うのかなって思って。
まさか『使者の心得』で、
死者は何なのかと悩まれるとは思っていなくて、
なるほどなっと。
謎は謎のまま、
あれはあれで良いんじゃないかな。

あとは『後悔』。
実は日ごろから、
『しない後悔はしない』という気持ちで生きています。
例えば、
前を歩いている人が鍵を落とした時、
拾って届けるか拾わないで放置か。
一度そんなことがあって、
私は後者を選びました。
自転車の鍵でした。
その後その人がどうしたかなんて分かりません。
でも、
今もそのことを後悔してる。
それは分かりますから、
『しない後悔はしない』という。
だからって、
『親友の心得』の嵐のような、
やってしまった後悔はやりたくないですけどね。
たとえ感謝されなくても別に良くて、
持ち主の手に戻ってくれれば良いなって思っていて。
ようは、
後悔をしたくないだけですよ。
私の場合、
『自分ルール』というものを作っていて、
後悔事を作らないようにしていたり。
ただし、
相手優先でですけどね。
でももちろん、
自分が楽になる一時的なルールも作ったりはします。

でも後悔が悪いとは限りません。
というのも、
きっと種類があるんですよ。
やらなかった後悔をした分だけ反省する部分もありますし、
今度はこうしようとか考えますから。
活かせる後悔とまたやらなかった後悔、
経験前と経験後で反省をするかどうかで、
また違うんだろうな。
という私の考えです。

―――感想終わり―――


そういえば・・・。
冬美ちゃんと勇樹くんというのは、
小説『僕の手紙』のヒロインと主人公の名前です。
またはこちらの『僕の手紙』でも。
未だに探しても売っていないので読めていませんが。
見つけて買いたいという私の小さなプライドです。
で、
もっと言うと、
ZONE『僕の手紙』のお話の方々です。
もう何年も読んでいないけれど、
さてさて・・・。



じゃあ、
終わりにします~。
『ツナグ』だけの紹介にならなくて申し訳ないです、
辻村さん。
まぁ、
冬美ちゃんに会いたいのは事実なので。
にしても、
年を抜かしちゃったなんて変な感じ。
私も年をとっているんだな~っと実感しております。
おじいちゃんとハムスターたちのお墓参り、
ちゃんとしないといけませんね。
待っていてください。
では、ウィ~ウィ♪

【2011/10/09 03:33】 | 本。
トラックバック(1) |


藍色
こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

藍色さんへ
みいる
こんばんは~。

コメントの方の説明が分かりやすく、
とても助かりました。
というわけで、
トラックバックさせていただきました。
ちゃんと出来ているかわかりませんが^^;

ありがとうございます^^

ではでは~。

コメントを閉じる▲
こんばんは~。

予想以上に時間をギターに使ってしまい、
更新が遅くなりました、
みいるです。
結構弾いていると、
指の皮がすごい固くなって自信がつきますね~。
まぁ、
下手なのは変わらないんですけどね。(笑)
最初はいろいろ出来なくて挫折しかけながらも、
弾いていれば、
好きな曲も弾けるようになっていいものです^^



さて、
本のご紹介を。
・・・と、思いつつ、
これはとても説明の難しい本ですね。
『もいちどあなたにあいたいな』という本です。
新井素子さんという方が書いています。
では、説明。

『なんだか変! いったい何が起きてるの?
 大好きな和(やまと)おばさんは、
 愛娘を亡くして大きなショックを受けているはず、
 だからあたしが力づけなくちゃ。
 でも。
 それにしても。
 何かがおかしい。
 澪湖(みおこ)はその謎を探り始める。』
と、帯の方から抜き出してみたのですが・・・。
まぁ、
整理すると。
澪湖のおばさん、
和おばさんに真帆(まほ)ちゃんという娘がいたのですが、
死んでしまい・・・。
そこで、
悲しんでいるはずの和おばさんを励まそうとするのですが、
どこか・・・何か違う。
その謎を探るお話です。

さて、
あのですね、
私はこういう小説を読んだのは長編だと初めてで、
なんか・・・感動をしてしまいまして・・・。
こういう作品、
またぜひ読みたいですね~。
・・・とりあえず、
その読み終えた後にとにかく感動の興奮で、
何かに感情をぶつけたくて、
つい・・・パソコン(ワード)にぶつけました。
その時の文です。
『これ、すごい!!
 感動した!!
 これはすごい!!
 何回でも読める気がする。
 笑う部分もあり、
 感動してしまう部分もあり・・・。
 将来、また読みたいな。
 にしても、
 はぁ~、すげ。
 良い本・・・これすごく良い本。
 これはやばい。
 もう・・・駄目だ。(笑)
 あぁ、
 宇宙って広いね。
 ミューズか~、
 そうか、ミューズね~。
 良いですね。
 新井素子さん、
 ありがとうございます!!!』
『すげ』なんて言葉、
普段全然使わないのによく出たな~(^^;)
『宇宙って広いね。』なんて、
何事だ。
『ミューズ』・・・。
まぁ、
なんかすごい感動したのです。
今でもとても読んで良かったと思えるほど。
何も知らず、
なんとなく手にとって買ってしまった作品ですが、
予想以上に良かったです。

ちなみに、
新井さんの文の書き方は結構独特です。
私はもうシミュレーションゲームの感覚で読んでました。
『。』をとてもよく使ったりします。
実際手に取って、
少し読んでからの方が良いかな~っと。
なので、
一応amazonさんの方から載せますが、
表紙を知る程度に。

もいちどあなたにあいたいなもいちどあなたにあいたいな
(2010/01)
新井 素子

商品詳細を見る


『面白くなかった~』と言われても、
責任はとれませんので、
ご了承ください。
個人的にはとても面白かった作品ですので、
機会があったら、
手にとってみてください。

じゃあ、終わりにします~。
こんな本の感想で長く書いたのは、
初めて・・・かな。
余談ですが、
私はどうしても、
『澪』の付く名前は高校生くらいは連想してしまうという。
(澪湖はお酒を飲めるほどの年です。)
あと、
澪湖は和おばさんの事を『やまとばちゃん』と言うのですが・・・。
さっきまでずっと、 
私は『和』を『かず』と読んでいたという。
なんで『やまとばちゃん』なのかとか、
全く気にしてなかった・・・。(苦笑)
個人的に、
『今ここにいる素晴らしさ』が分かりました。(笑)
最後に、
新井素子さん、
あと北村暁子、
それとミューズ。
ありがとうございました~!!!
では、ウィ~ウィ♪

さらに余談です。

土曜日から泊まりで出かけるので、
更新できなくなります・・・。
さすがに、
パソコンを持っていって良いなんて事があっても、
抵抗がありますので。(笑)
まぁ、
事故にでも遭わない限り、
ちゃんと帰ってきますので。
2~3日ほど更新しないかもしれないので、
ご了承ください。


あと、
ZONEのことが大好きな、
私が私で良かったです。(笑)
皆さんに出会えて、
本当に良かったです。
・・・本の力ってすごいですね~。(苦笑)

ではでは~。


追記を閉じる▲

【2010/03/26 01:23】 | 本。
トラックバック(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。