好きな音楽、学校生活、ギター、アニメ、ゲーム。忘れたくないから残せたら良いな。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんは~。

昨日『トイレ』に関する記事を書いていたのですが、
寝落ちした挙げ句にやっぱり少し恥ずかしいので、
バトンを強奪してきました、
みいるです。

『トイレ』の話って言っても、
私のトラウマ話の一つですよ(苦笑)
私の一番最古でのトラウマです。
まぁ、
バトンに追々書くと思うのでお楽しみに。


さて。
何度も言いますがテスト期間です。
来週の今日はきっと大変なことになっていることでしょう。
というわけで、
書けるうちに。


トラウマバトン。

・トラウマな食べ物
 金平糖。
 映画『火垂るの墓』でドロップの欠片を水に溶かして飲むのを見て、
 金平糖でやったらとてつもなく甘い水ができてしまって我慢して飲んだっていう。
 (みいるさんはとても甘いものが苦手です)
 食べているときは平気でもそれまでが今では大変。
 買うまでの頭痛が。

・トラウマな場所
 某ファミレスのトイレ。
 小さい頃に親とその知り合い(仕事仲間)と私で某ファミレス店へ行って、
 トイレに閉じ込められたっていう。
 そのトイレのドアはスライド(鍵)の滑りがとても固かったんです。
 声を出しても泣いても誰も気づいてもらえなくてそのまま10~15分。
 (親は話に夢中だったんでしょうね、昔から忙しい身だったので)
 お店のお客さんがトイレに入ってきてドアを押してもらってようやく助けてもらったんです。
 その助けてくれた人にパニックになりすぎてお礼を言えなかったのが今でも心残り。
 それ以来なんか、
 狭い個室(夜限定で物が多くて少し狭くなっている一人用の部屋)や東京ドーム(閉塞感的に)が苦手。
 少しでも風景が見えていれば平気なんですよね、西武ドームみたいに。
 だから教室や昼間の一人用の個室は大丈夫です。
 ついでに、
 学校のトイレの扉の隙間に3回ほど指を挟まれて怪我をしたからか、
 それなりの大きさの隙間は苦手。

・トラウマなテレビ番組
 『学校の怪談 春の呪いスペシャル』。
 これの第2話『アサギの呪い』という話が保育園児の私にはとても怖く。
 ちなみに、
 それから少しして一度夢にその話のお化けが出てきて浴槽の中に飛んで行ったために、
 私はお風呂が苦手に。
 小学生のときはそのため銭湯通い(人がいないと不安)でした。

・トラウマなアニメ
 『Angel Beats!』。
 見ていないんだけどね。
 岩沢が好きすぎて気づいた時には見られなくなっていた。
 OP曲やED曲は大丈夫なのに、
 挿入歌の『一番の宝物』を聴くとなんか……辛くて見られない。

・トラウマなドラマ
 あぁ、『金田一少年の事件簿』の『雪夜叉伝説殺人事件』。
 今ではそんなにトラウマでもないですね。
 ペンションに泊まる度に思い出したものです。
 ……3時間スペシャルは伊達じゃなかった。
 ちなみに、第一の殺人の場面が一番苦手でしたね。
 あと同じくらいに同作の『学園七不思議殺人事件』の放課後の魔術師が苦手でした。

・トラウマな映画
 『サイン』。
 映画館まで観に行ったようなそうじゃないような……。
 あのテレビの映像はトラウマ。
 ネタバレになるので細かく言えませんので、
 気になるかたはどうぞ。

・トラウマな映像
 映像……? の分類になるかは分からないけれど、
 劇場版『呪怨2』のCM。
 まず画面が真っ黒になってノイズっぽく『ぁぁぁあああああ』と声が。
 そして女の子が映って上を見たら顔があってキャーと叫び、
 『呪怨2』と文字が出て終わりだったかな。
 当時はすでに夜更かしっ子でしたので、
 苦情があり深夜限定になったこのCMには苦労しました(苦笑)
 昼間ならまだしも深夜はきついですって。
 ゲームをやっていてテレビ画面に戻した瞬間に……!! ってこともありました。

・トラウマな音楽
 これちょっと意外に思われるかもしれませんが、
 LUNA SEAの『gravity』という曲、特にサビ。
 ドラマ『アナザヘヴン』の影響からか昔は夜には絶対に聴けなかった。

・トラウマなゲーム
 恐怖系のトラウマでなければいっぱいあるかな。
 最近ではフリーゲームの『死舞草』。
 感動して記憶消してもう一度やりたい作品。
 なんか感動で胸をうたれてもうやりたくないとかはあるのでそういう感じのトラウマ。
 ちなみに冬限定で『Kanon』もなかなかトラウマもの。
 プレイしてから毎年冬は人生を振り返るようなくらいの影響が……。

・トラウマな漫画
 『スカイハイ』。
 1巻最後の話だったかな、
 それの「お逝きなさい」のときの相手の顔がまじまじと見られない。

・トラウマな小説
 私の想像が悪いだけならSaoriさんの『腐指(ふし)』。
 読んでいる間は指が痛くなる(笑)
 同著者の『死の薬』、『まじない』、『プラント』もそれなりに表現がすごいですが、
 『腐指』は……でも最後が良かった。
 Saoriさんはその『腐指』と『まじない』が好きです。

・トラウマな人物
 人物……というか、なんだろうな。
 前の家に住んでいたときに突然男性に後ろから抱きしめられたことがあって、
 驚きすぎて肘打ちとか顔面に頭突きとかして追い返しちゃったのですが。
 あと多分電車内で痴漢も何回かあっているのでそれも原因だと思うのですが、
 背後に立たれるのにとても嫌悪しちゃうんですよね。
 特に何かに集中しているときとか、ボーッとしているときとか、
 まぁそういう背後に油断をしているとき。
 おまけに、
 女子高育ち且つ上の関係で男にそういう印象がついてしまったからか、
 突然肌に触られそうになると気持ちに余裕がなくなったりとか(^^;)
 余裕ないときは男性恐怖症そのものですねorz
 あぁ、普段は気を疲れない程度に張っているので特に大丈夫です。
 夜一人で家にいるときよりは(苦笑)

・トラウマな言葉
 『死ね』とか。
 言われたことがあまりないからこそのショックというか。
 大抵私が約束を破ってしまったときやボケてツッコミとして言われますが。

・トラウマな夢
 知らない町で貞子と友達と私でかくれんぼ。
 鬼は貞子です。
 物陰で貞子が歩いているのを見ていて、
 ふっと目があった(髪の毛で目は見えなかったけど)時に目を覚ましたという。
 
・トラウマな出来事
 前の家の自分の部屋で金縛りと怖い夢を3~4回ループをした一夜があって、
 それ以来暗所と薄暗い橙色の電気が苦手。
 暗所は、その夢を見たときに部屋の電気を消していたため。
 薄暗い橙色の電気は、前の家の洗面所の電気がそれで、
 金縛りの最中はその光で部屋が微妙に明るくて怖かったため。
 電気代節約のために電気を消して暗所を作っていますが……
 やっぱり夜誰もいない家に帰ってきた時の暗さよりはマシですね(笑)

お疲れさまでした。




ちなみに、
集団旅行で旅館に泊まるときなどは、
暗所でも何も考えないようにうつ伏せに寝るようにしています。
天井って車の光とかがチラつくじゃないですか、
それも気になって眠れなくなるんですよね。

野内ライブの場合、
暗くても人がいれば良いので暗所でも良く、
大抵魅せるために会場が暗いので閉塞して見えないので大丈夫です。



……人生何がトラウマになるか分かりませんね。
気持ちの問題なんでしょうが、
いつ克服されるのやら。

というか、
改めてまとめると多すぎでしょ……。
軽度だろうけど本格的なのが3つくらいありますよね。
自滅もあれば事故もあります。
今では笑って話せることでも、
何気にまだトラウマという形で残っているんですよね。
どんな対処をすれば治るのか、
テスト終わってから調べてみましょう。


じゃあ、
終わりにします~。
こういうのがない限りトラウマとか怖くて書けないので、
良いタイミングだったかな。
……探せばもっとあるのかなぁ。
静寂恐怖症も危ないんだよね、
テレビをつけっぱなしでないと眠れないとか。
(ただし自動で消えてくれるタイプのテレビです)
まぁ人それぞれ感じる恐怖が違うので、
私以上にいろいろなことを体験している人がいて、
いろいろなことに恐怖を感じる人もいるんだろうな。
暗闇の中のギリギリ閉まらなかった扉とか恐怖そのものですよ。
はぁ、
気の持ちようですよね。
良ければこのバトンをもらっていってください。
では、ウィ~ウィ♪



拍手のお返事です。



水さんへ。

こんばんは~。
拍手ありがとうございます^^

お姉ちゃん記事から更新されなくて心配していました。
ありがとうございます!!
もう更新自体が習慣になっているので更新したくなっちゃうんですよ^^;

おぉ、
ついにゴールですね。
晴子さんは……立派なお母さんですよね。
私もけじめがついたらアニメの方も見てみたいですね、
いや~……いつになることか^^;

ではでは~。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲



拍手のお返事です。



水さんへ。

こんばんは~。
拍手ありがとうございます^^

お姉ちゃん記事から更新されなくて心配していました。
ありがとうございます!!
もう更新自体が習慣になっているので更新したくなっちゃうんですよ^^;

おぉ、
ついにゴールですね。
晴子さんは……立派なお母さんですよね。
私もけじめがついたらアニメの方も見てみたいですね、
いや~……いつになることか^^;

ではでは~。
スポンサーサイト

【2012/11/21 03:03】 | バトン。
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。