好きな音楽、学校生活、ギター、アニメ、ゲーム。忘れたくないから残せたら良いな。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんは~。

人生はコメディ、
みいるです。
ドヤ顔で書いていたら、
そういう曲名があるのを知りました。

お知らせ。
『5万人ありがとうございます~企画』は、
何本も企画をやりますのでご安心を^^
そもそもの内容は自分の挑戦範囲を増やすような目的企画どーのこーのなので。


さてそんな1本目。
リクエスト『コメディ小説』。

コメディ……(・Å・)
なかなか難しいリクエストですね。
基本シリアス(になっていく)な小説が多くて。
とりあえず、
せっかくなのでリクエストしていただいた方の好きそうなジャンルで。
という言い訳です。
そういうジャンルで書こうとしたらほとんどが百合になってしまったのです。
中の人のネタもありますね。
私が思うことを小説につめただけなので^^;



『人生はコメディ。I 「歌」』
(元ネタはゲーム『零~月蝕の仮面~』より)

それはある日のこと。
私、月森円香はピアノを弾く水無月流歌さんの後ろ姿を眺めながら、
ふっと気になることを訊きました。

円香「そういえば流歌」

流歌「何? 円香」

円香「ピアノは弾くけど、歌は歌わないの?
    ほら、名前に『歌』って入っているし、歌もうまそうだよね」

流歌「……聞きたいんですか?」

円香「え、うん、まぁ……」
   (なんだ、なんか雰囲気が……そしてなんか寒くなって――)

流歌「では、さっそく。『とうりゃんせ』」

円香(そしてなんでそんなにやる気満々なの……)



流歌「どう?」

円香(咲いてしまうわ!!!)

それはある日のこと。
私、月森円香はやる気満々で童謡を歌う幼馴染の新たな一面を知りました。

fin.


私が前々から思っていた中の人のネタ。
Wiiは持っていないのでプレイしていない作品ですが、
そこは零の一ファンとしてお許しを……。
ちなみに、私は月蝕の方では円香が一番好きです。




『人生はコメディ。II 「呼」』
(元ネタは『零~紅い蝶~』のPVより)

迫る儀式の刻。
二人の姉妹が湖のほとりにいた。

繭「澪ごめん。やっぱり私、行かなきゃ。ひとりで、逃げて」

澪「お姉ちゃん!! どうしちゃったの!?」

繭「何があっても許すから」

澪「お姉ちゃん……」


姉が妹を殺す儀式。
屋敷の部屋に佇む姉。

繭「どうしてあのとき殺してくれなかったの?
   子供の頃からずっと待ってたのに――。
  殺して……殺して……殺して……」

澪「お姉ちゃん……。
  ずっと一緒だから」


そこは儀式の間。
ひとり、目を覚ました妹。

澪「お姉ちゃんは……どこ?」

人型に問いかければ、
目の前の大きな穴を指さした。
中を見てはいけない、と分かっていながらも覗き込む――。


蝶が舞い、
そしてタイトルロゴが出て。

澪「『零~紅い蝶~』」
繭「『澪~紅い蝶~』」


澪「……。
   お姉ちゃん、そこは『澪』じゃなくて『零』だよ」

繭「少ないんだもの……」

澪「え?」

繭「少ないんだもの!!!
   澪が『お姉ちゃん』って9回も言ってくれるのに、
   私が『澪』って言う回数は4回だよ?
   もっと言いたいじゃない!!
   それに『零』と『澪』って似てるからよくない?」

澪「お姉ちゃんごめんね!! そこまで考えてくれているなんて……。
   私頑張るから……!!
   もっと『澪』って言ってもらえるように頑張るから!!」

繭「澪!!」

澪「お姉ちゃん!!」

こうして2人はまた姉妹愛を深めていくのでした。

fin.


繭もシスコンだけど澪も十分シスコンと感じるPVの見方。
てっきり『澪』の方が多いのかと思っていたら……。
逆にゲーム内で『繭』と何度使われているか気になります。





『人生はコメディ。III 「歌2」』
(元ネタは『零~月蝕の仮面~』より)

それはある日のこと。
私、月森円香は不覚なことに風邪をひいてしまい、
起き上がることすら辛く意識も朦朧としていました。

流歌「円香、お見舞いに来たわ。入るね」

円香「あ、流歌……」

額を手を当てられた。
その手がまた冷たくて気持ちいい。

流歌「熱があるわ。早く寝なさい」

円香「う~ん、でもなんか眠れないんだよね。
    起きたばっかりだし」

あははと笑えば何かを考え出した流歌。
あぁ、でも正直もう話すのも辛い、頭も痛いし。

流歌「円香、子守唄を歌ってあげる。『とおりゃんせ』」

前に聞いたような聞いてないような……。
嫌な予感がした。
しかし、それがなぜなのか今の私には分からなかった。

円香(……思い出せない。思い出したくない……!!
    とにかく早くこの部屋から出ないと!!!)


それはある日のこと。
私、月森円香は熱の影響からか幼馴染の歌の影響からか、
はたまた両方の影響からか、
夢の中できれいな川を渡りそうになりました。

fin.


もうこんな印象しかないのだろうか。



と、まぁこんな感じですが、
どうでしょうか。
分かる人ぞ分かる小説になりましたね(笑)
性格からかシリアス路線が多いので、
コメディへの挑戦はなかなか新鮮で面白かったです。
リクエストしてくれた水さん、
ありがとうございます^^


じゃあ、
終わりにします~。
これはレアだ……私でも何故書けたのか不思議です。
やっぱリクエストとは良いものですね。
まぁ、
小説どころかショートショート……いや、掌小説になっていますが。
しかも動画使っていますし。
さて、
リクエストはまだ募集中です。
何かありましたら気軽にリクエストしてください。
では、ウィ~ウィ♪



拍手のお返事です。


水さんへ

こんばんは~。
改めまして、
拍手とリクエストありがとうございます^^

いや~……変な笑いで埋もれるどころか凍らないことを祈ります。
いえいえ、
何人もの方々に支えてもらい続けられてからこ5万人ですから。
嬉しいことこの上ないです……!!

さて小説の方がどうなっているか^^;
本ではコメディ小説は読んだことがないので、
どんなものか分からなくて思ってことを書いてみました。
少しでも気に入っていただけると嬉しいです。

ではでは~。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲



拍手のお返事です。


水さんへ

こんばんは~。
改めまして、
拍手とリクエストありがとうございます^^

いや~……変な笑いで埋もれるどころか凍らないことを祈ります。
いえいえ、
何人もの方々に支えてもらい続けられてからこ5万人ですから。
嬉しいことこの上ないです……!!

さて小説の方がどうなっているか^^;
本ではコメディ小説は読んだことがないので、
どんなものか分からなくて思ってことを書いてみました。
少しでも気に入っていただけると嬉しいです。

ではでは~。
スポンサーサイト

【2012/12/11 02:41】 | 日記+@。
トラックバック(0) |


音楽家 惠藤憲二
音楽家の惠藤憲二と申します
日記いいですね

惠藤憲二さんへ
みいる
こんばんは~。

ありがとうございます^^
日々のことを忘れないようにと綴っていますが、
そう言っていただけるとは嬉しいです。

ではでは~。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
音楽家の惠藤憲二と申します
日記いいですね
2012/12/11(Tue) 04:57 | URL  | 音楽家 惠藤憲二 #[ 編集]
惠藤憲二さんへ
こんばんは~。

ありがとうございます^^
日々のことを忘れないようにと綴っていますが、
そう言っていただけるとは嬉しいです。

ではでは~。
2012/12/12(Wed) 22:38 | URL  | みいる #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。