好きな音楽、学校生活、ギター、アニメ、ゲーム。忘れたくないから残せたら良いな。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんは~。

ライブとコンサートの違いって特にないようです、
みいるです。
まぁ、
雰囲気を壊さないために、
見る側が騒がしいものはライブ、
見る側がおとなしいものはコンサートと分けています。
特に会場でそうやって分けないと、
少しその単語が浮くんですよね(笑)


さて。
お父さんとコンサートに行ってきました。
その名も……。

2013012623340000_convert_20130126233730.jpg

坂本冬美さん新春コンサート!!!
他に記念撮影とかできれば良かったのですが、
人の流れにのまれできなかったので、
チケットをパシャリ。
大学の授業が早く終わったので無事に間に合いました^^
さすがテスト期間です。
習志野文化ホールとのことでしたが、
夜は目立つのですが昼間はどこにあるか分からず……。
ホール下のショッピングセンターでウロウロして、
無事に着きました。

まぁ行ったわけですが、
ここで気づいてほしいのが席。
まさかの3列目……。
しかも演歌歌手の場合はずっと座って見るわけで、
週末疲れている私にはちょいと困る席。
なので一応ガムを持って行きました。
(みいるさん、会場は飲食禁止ですよ)
ちなみに42番目は少し右端です。


会場に入って――。
ソワソワドキドキ((・ω・;))
なんせ周りのお客さんは私より年上の人ばかり。
失礼のないように礼儀正しい立ち居振る舞いに心がけ。
しかも前の方だから……目立つ!!
ので、小さくなってました。

ビーー(開演のお知らせ)。
最初は『あばれ太鼓』、多分。
うちわ太鼓だったかな、
初めて見ましたがあの迫力はすごいですね。
やっぱり太鼓があってこその坂本冬美さんの演出!!
たまに自分で叩きますからね。


とまぁ残念ながら、
私は曲は知っていますが曲名は知らないので覚えている限りで書きます。

まず『夜桜お七』ですが、
2012年の紅白歌合戦で聴いて一聴き惚れしまして。
サビのあの手がすごい、
手が桜ですよホントに。
桜の中の冬美さんが綺麗でかっこよかったです。
というか、
やっぱり3列目は近かった。
目が合ったのか分からないけどそんな気がするだけで顔が赤くなります(笑)
サビの手前の着物バサァもかっこよくて見惚れました。

『火の国の女』。
多分このときだったかな、
イナバウアーまではいかないのですが反り返るという言いましょうか、
着物であそこまで反り返られるのは驚きました。
ドライアイスの煙が足元で流れていたのですが、
埋もれそうになってたくらい。
なんか着物って動きにくいイメージしかなかったのですが、
そうでもないかなっと思いました。

『また君に恋してる』。
この曲は着物ではなくドレスでした。
「今ではこうして皆様聴いてくださいますが、
 発表当時はドレスのため違う歌手の方が来たとお思いになる方が多く、
 トイレ休憩をなさいに席をお立ちになる方が――」
との話に笑ってしまいました。
確かに違う人に見えます。
演歌だけでなく、
さらに演歌っぽくない演歌を歌う冬美さんだからこその服装ですね。

『能登はいらんかいね』では、
サビがもう会場に響いて綺麗でした。
サビのピークがもう……言葉に表せない……。

『桜の如く』。
少しジャズ風味の曲ですね。
トランペットってこんな音出るんだ!!
という違う感心も。
(みいるさんは高校の部活でトランペットパートでした)

『人時』。
歌う前に「大切な人を思い浮かべながらお聴きください」とのことで、
せっかくなのでお父さんのことを。
もう途中感動でウルウル(;ω;)しながら聴いていました。
サビの歌詞がもう……マッチしておりまして。
いつかお父さんの前で歌いたいですね。

『アジアの海賊』。
初めて聴いたけど雰囲気が良いですね、
気に入りました。
今回は始めにうちわ太鼓の叩いていた方、
服は特注ではなく既製の三味線弾きさんと世界一の尺八吹きの方が合わさり、
とても盛り上がっていたんじゃないかな。
船を出せええええぇぇぇぇぇとか凄かったですよ、
鳥肌が立ちました。
ちなみに、
『また君に恋してる』と両A面です。

『花はただ咲く』。
まだ未発売の新曲ですね。
作詞はなんとあのさくらももこさん。
コーラスにも参加しているそうです。
ノリの良い曲で楽しみですね~。
昼のドラマの主題歌みたいですが、
放送時間が私が週で一番家にいない時間のようで。

最後に『風に立つ』。
ラストというだけあって良い曲でした。
力強い、それでいて優しい歌声でしめてくださいました。
震災のことにも触れていましたが、
支援ありがとうございます。
と言いましょうか……嬉しいですね。



今回は『ずっとあなたが好きでした』は
映像演出で自前収録のものでしか聞けなかったのですが、
今度行った時には聴きたいですね。

そんな感じにあっという間に終わってしまったコンサートでした。
ちなみに、
無事に眠らず。
冬美さんのファンサービスに驚きました。
歌の合間もお話も面白くて声を出して笑いましたよ(笑)
そっちのセンスもあると思います。
ブログを書いているのは知っていたのですが、
笑いをとれるほど行動派だったとは……。
それも含めて、
やっぱり生は良いですね!!!^^


余談。
父「この会場で一番若いのってあんたなんじゃない?」
みいる「そそそそそんなことないよ。きっと子供とかいるはず!!」

いませんでした。
20代はちらちら見たんですけどね。

帰りにお父さんとラーメンを食べての帰り道。
30分ほどの道のりずっと『夜桜お七』を口ずさんでいたのはどこのどいつだ~い?
あたしだよ!!
……はい、すみません。
ふっと思い浮かんだのです。




じゃあ、
終わりにします~。
10代で演歌歌手のコンサートに行くのはやっぱり珍しいのかなぁ。
宴会で演歌を歌う機会が多くてでもみんな知っているから、
若かりし頃から行っているものかと……。
あと、
『ふゆ~みちゃん!!』の掛け声は私には恐れ多い(笑)
私の中で偉大な存在なのでせめて「さん」付けでないと呼べません。
『はぁい♪』と答えてくれる冬美さん、
とてもお綺麗でした。
また予定があえば行ってみたいものです。
では、ウィ~ウィ♪
スポンサーサイト

【2013/01/27 01:42】 | 日記。
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。