好きな音楽、学校生活、ギター、アニメ、ゲーム。忘れたくないから残せたら良いな。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんは~。

中学からの同い年の友達から、
『文化祭あるから来てね~!!』と電話があったので、今日行きました。
みいるです。
私はメールより電話の方が多いですから(笑)

で、その文化祭、ちゃんと見に行きましたよ~。
お姉ちゃんと一緒に行きました。
なんかクラスで出し物を決めて、
その出し物をクラス全員で自分たちの教室を使ってやるらしく。。。
その誘ってくれた友達は、
お化け屋敷(クラス)で交代でお化け役をやっているとかで、
前日に話してくれました。
しかし、いざ行ってみると・・・。
教室が多すぎました・・・orz
廊下で迷いました(笑)
学校の前に、プログラムを配っている集団がいたので貰ったんですが、
プログラムの地図がわかりづらい・・・と思いました。
やたら階段いっぱいあり、階段が目印にならなくて。。。
そんな感じに迷っていたら、
・・・友達の教室に辿り着けませんでした。(涙)

仕方ないので、3年生の発表である、
劇『電車女』というものを見させてもらいました。
お姉ちゃんがせっかく来たなら見れるもの見ようということで。。。
こっちはちゃんと道がわかりました(笑)
すごかったんですよこれが!!
ドラマ『電車男』を参考に作られていたんですが、
その女版にしては、よくできていて面白かったです~。
話自体はドラマと同じでしたけどね。
ちなみに、
電車女の携帯の着メロ、『ハレ晴レユカイ』でした。(笑)
そこで地味に興奮してしまいましたよ(笑)
あと、相手が男なので、
エルメスならぬ、アディダスが名前でした(笑)
で、オカマバーで働いているところを、
そのアディダスとオカマバーへ誘った友達が見てしまったんですね。
それで2人の仲が壊れて・・・。
っていうシーンで、『ザナルカンドにて(FFX-2から)』が流れました。
ついでに、オカマバーでは、ゲーム『ふぃぎゅ@』だったかな?
そのOPの曲が流れてびっくりしました(笑)
最後の寄りを戻すシーンでは、
『クラナド』のriyaさんの歌っている・・・何だったかな。
『夏影』でしたっけ。
OPではないのはわかるんですが・・・。
ホント皆さん演技がうまくて、感動しましたよ~!!
アディダスの友達の役、女性の方がやっていたんですが、
違和感無くて、一番うまかった気がします。
あ、あと、電車女、男の方がやっていました。
それとアディダス、ゴリラだったのに人間になったという設定でした。(笑)
ネタ満載でしたよ(笑)
ついでに、映画『新世紀エヴァンゲリオン 破』の予告もしていました。
結構エヴァンゲリオンのネタ多かったですよ~。
電車女が掲示板にその日のことを書き込んでいくんですが。。。
告白に電車女が迷っていたときに、
掲示板の住人(女性)が、
『逃げちゃ駄目だ!逃げちゃ駄目だ!逃げちゃ駄目だ!』
と、書き込んでいたり。。。
(↑のは、エヴァンゲリオンでシンジが言う台詞の一部です)
なんか情熱を感じましたね~。

結構専門用語とかも出てきて、わからない人もいそうでしたが(笑)
『ktkr!!』とか。。。
ちなみに、『きたこれ!!』って読むんですよ~。

他にはポスターとかすごかったです。
コピーとかしないで、全部直筆で貼ってあるんですよ壁に。
その絵とかが『涼宮ハルヒの憂鬱』の主人公・ハルヒとかだったんですが、
うまかったです(笑)


じゃあ、終わりにします。
なんか・・・絶対にわかりづらい説明ですね(苦笑)
『続きから』はゲーム『アカイイト』のプレイ感想を載せます。
伏字で載せますので、間違って見るとかは無いかと・・・(^^ ;)
(あらすじ等のみ、普通に書きます)
完全クリアーした方だけ見るようにしてくださいね~。
ネタバレ満載ですので(笑)
では、ウィ~ウィ♪



ゲーム『アカイイト』の感想。
(思ったんですが、やった人来なそうだ(笑))

PS2専用ソフトで、
ゲーム『アオイシロ』とは姉妹作品で、出たのはこっちが先です。
和風伝奇ホラーアドベンチャーゲーム、
シュミレーションゲームで、1人用です。
また、百合ゲームですので、男の方はあまり・・・(苦笑)
あと、アルケミストが出した『赤い糸』とは無関係です。
15歳以上対象なんですが、
これは漢字が読めなかったりして楽しめないからかと。。。
少々グロテスクなシーンというのがあるので、
それもあるかもしれませんが・・・。
私もところどころ読めない部分ありましたし(笑)


あらすじ。
主人公・羽藤桂(はとうけい)は、唯一の肉親の母親が無くなってしまい、
遺産の整理をしていたんですね。
それで、父親が経観塚(へみづか)という土地に家を持っていたことを知って、
とりあえず処分するか決めるためにその経観塚に行くんですが。
そこに行くまでの列車の中で不思議な夢を見て・・・。
で、その桂ちゃんは「贄の血」と呼ばれる特殊な血を受け継いでいて。
その「贄の血」をめぐって鬼たちが桂ちゃんを狙ってくるんです。
それを旅先で会う人たちに助けてもらったり、いろいろなことを助けたりと。
っと、いう感じの話です。

私がこのゲームを買ったのは、
『アオイシロ』のことをファミ通で読んで知って、
そっちを買おうとしていたんですが。。。
発売したばっかりだったので大変高くて買えなくて・・・。
調べてみると姉妹作品の『アカイイト』があるということで。
とりあえず、OPだけ見たんです。
それで一気に興味を惹かれまして・・・。
自分の貯金を使って買ったんです。(笑)
あまり親には知られたくないゲームなので。。。
シュミレーションを家族の前でやる自信はあまり。。。(笑)


それでは以下、ネタバレな感想を書きますので、
伏字にします。

え~と、まずはOPのことでも。
映像のことなんですが、
一番最初の『たいせつなひとが いなくなってしまった』の文が出てるとき、
周りに蛍が飛んでいることで、
夏にいなくなってしまったことが何気にわかります。
まぁ、それはゲーム中のあらすじで知れるんですけど。(笑)
その後の桂ちゃんと何気にケイが一緒?に出てるシーンは(タイトルロゴのところ)、
ユメイルートを進めてわかる桂ちゃんとケイの関係を知った後に見ると、
とてもわかりますね~!!
登場人物達が出てくるところ(ノゾミ、ミカゲを除く)は、
それぞれ背景がヒントになってる・・・という考えすぎな状態になった私です(笑)
例えば、烏月さんなら旅館が風景なので、
      旅館にいるような選択肢をしていくと大丈夫的な感じに。
いわゆるその人物に逢える場所ですね。
考えすぎですよね、ここまでいくと(笑)
烏月さんと桂ちゃんが指きりをしているシーンは、
歌詞と合ってますよね、微妙に。
微妙には余計かもしれないですが。
あれって、左手が烏月さんで右手が桂ちゃんですよね?
左手がとてもたくましい感じの手をしているので。。。
サビは、歌詞と結構被るところが多いですね。
見えづらいんですが輪が廻っていたり、赤い糸が重なったり、
欠けた月が沈んだり。
使われてる画像、見た限りバッドエンドの画像無いですよね?
進め方によってはバッドエンドに行ってしまうこともありますが・・・。
そうそう、ユメイさんが映る時って少しだけ茶色になる時があるじゃないですか。
きっとあれって柚明として、いたことをさしてるんでしょうね。
ユメイさんの部分だけ茶色になるので、ね。
柚明さん、髪の毛茶色ですから。
映像だけでこんなに書いてる・・・orz

歌の方は、霜月はるかさんとriyaさんのタッグですね。
曲名は『廻る世界で』。
この曲、イントロとサビで桂ちゃんが維斗を構えてるところ、
個人的に大好きです(笑)
この曲って歌詞が二重になっていますよね。
サビもよ~く聴けば、riyaさんの声が聞こえます。
ちなみに、最近になってようやく2人の声の違いがわかりました。(笑)
この曲で2人を知ったもので・・・(^^ ;)
今聴くと、全然声違いますよね。(苦笑)
2番は作中に無いんですが、機会があったら聴いてみるといいですよ~。


ストーリーについて。
ようやくストーリーですよ(笑)
桂ちゃんの実家での柱の傷には、見事騙されました(笑)
てっきり1本は桂ちゃん、1本はユメイさんのかと思いました最初。
私は最初に入ったルートというルートがサクヤルートでしたので。。。
ケイが血の繋がった兄妹というのは意外すぎました(笑)
そういえば、烏月さんと桂ちゃんって近からず遠からず血がつながってますよね。
桂ちゃんのお母さん、元千羽党の方ですし。
・・・つながってるのかな?
気になったのが、『凍てる弧月』エンドで、
桂ちゃんが『私、約束守れなかったけど・・・』という台詞があって、
え、何のこと?って最初思ってました。
でも、その約束をする選択肢選ぶと、トゥルーエンドに行っちゃうんですが、
私だけなのかな(笑)
約束って烏月さんとケイが戦って、烏月さんを庇って斬られ、
その後にサクヤさんとする約束でいいんですよね?
他には、鬼切り部はまつげが長い、スタイルいいくらい(笑)
ちなみに、私はサクヤルートと烏月ルート辺りが好きです。
ユ・・・ユメイさんも好きですよ~、葛ちゃんも、ノゾミちゃんも。(笑)
ノゾミルートをやると、ノゾミちゃんも苦しかったんだな~って思いました。
敵にもいろいろあるんですよね。
だから、ノゾミルートの後に烏月ルートやるとちょっと見方が変わりますね。
最初は烏月さんかっこいい!!から、あぁ・・・烏月さんって感じに・・・。


さて、エンディングについて。。。
私が初めて行き着いたエンディング、
『雫』でした(笑)
(桂が崖から落ちて死んでしまうエンディング)
始めて2日ほどで着いた初のエンディングだったので、
とても笑えてしまいました(笑)
ごめんね、桂ちゃん。
アカイイトのエンディングって、
バッドエンドでもとても気に入るものが多いですよね。
ユメイルートで桂ちゃんが最後にユメイさんに血をあげて死んでしまうエンディングとか、
桂ちゃんがサクヤさんの力で観月の民のようになってしまうエンディングとか、
前者はともかく、後者はサクヤさんにとって一番幸せなエンディングなんですよね。
そしてノーマルエンドといえば・・・。
陽子ちゃん。
むしろノーマルエンドが陽子ちゃんルートみたいな感じです(笑)

エンディング曲について。
riyaさんと霜月はるかさんがタッグで歌う『旅路の果て』ですね。
こっちはOPと違い、riyaさんがメインをやっています。
この曲、3番の歌詞の方が印象強いんですよ~。
エンディングらしい雰囲気の曲で好きです。
歌詞がホントに・・・。


BGMについて。
一部のBGM、『アオイシロ』でも使われてますね~。
戦闘曲の『泡沫』と、感動を誘うあのBGM・・・。
名前がわからない。。。(苦笑)
『泡沫』は携帯に入っているんですよ。
感動~の方は、ピアノver.の『廻る世界で』って感じのなんですが、
わかりますかね。。。
そこらのBGMは、『廻る世界で』をほとんど使っていて、
でも違う曲っていう感じのなので、なんか好きです。
『泡沫』は、もう聴いてるだけでサクヤさんのイメージが。。。
いろいろあったので、戦闘BGMなのに泣けてきます。(笑)
感動~の方は、ユメイさんかな?
『桂ちゃんの頬、冷たいわ・・・。』がインパクトありすぎて・・・。


まとめ。
読んでる方いるのかわかりませんが、
長々と読んでくださりありがとうございます(笑)
烏月さんのトゥルーエンドを迎えてから、
葛ちゃんがシャナってことに気づいたんです(笑)
あと、サクヤさんの声、低い声になると誰かに似てるな~・・・って思っていたら、
『ローゼンメイデン』の桜田ジュンだったり・・・。
ほとんど声優無視でOPが気に入ったから買っちゃった作品なんですが、
とても良い作品でした♪
そういえばサクヤさん、ちゃんとクリアーされた方には「さん」付けですよね。
さすがです。(笑)
サクヤさんはなんか呼び捨てにできないですね。(笑)
実は今でも、OP見るためにゲームを機動したりします。
パソコンでも某サイトで見れるんですが、
なんかちゃんと自分の持ってるソフトで見ないと気がすまないというか。。。
そして、烏月さんはいじられキャラですね・・・。
バカ正直な性格、嫌いじゃ無いですから。
仕事に追われて、学校の出席率が壊滅的とか葛にCDで言われてたりします。
桂ちゃんには納豆をかき混ぜる姿でも凛々しいとか(笑)

じゃあ、以上、感想を終わりにします。


長っ!!!(笑)
この作品に出会えて本当に良かったです。
サクセスさん、ありがとうございます!!

ではでは~。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲



ゲーム『アカイイト』の感想。
(思ったんですが、やった人来なそうだ(笑))

PS2専用ソフトで、
ゲーム『アオイシロ』とは姉妹作品で、出たのはこっちが先です。
和風伝奇ホラーアドベンチャーゲーム、
シュミレーションゲームで、1人用です。
また、百合ゲームですので、男の方はあまり・・・(苦笑)
あと、アルケミストが出した『赤い糸』とは無関係です。
15歳以上対象なんですが、
これは漢字が読めなかったりして楽しめないからかと。。。
少々グロテスクなシーンというのがあるので、
それもあるかもしれませんが・・・。
私もところどころ読めない部分ありましたし(笑)


あらすじ。
主人公・羽藤桂(はとうけい)は、唯一の肉親の母親が無くなってしまい、
遺産の整理をしていたんですね。
それで、父親が経観塚(へみづか)という土地に家を持っていたことを知って、
とりあえず処分するか決めるためにその経観塚に行くんですが。
そこに行くまでの列車の中で不思議な夢を見て・・・。
で、その桂ちゃんは「贄の血」と呼ばれる特殊な血を受け継いでいて。
その「贄の血」をめぐって鬼たちが桂ちゃんを狙ってくるんです。
それを旅先で会う人たちに助けてもらったり、いろいろなことを助けたりと。
っと、いう感じの話です。

私がこのゲームを買ったのは、
『アオイシロ』のことをファミ通で読んで知って、
そっちを買おうとしていたんですが。。。
発売したばっかりだったので大変高くて買えなくて・・・。
調べてみると姉妹作品の『アカイイト』があるということで。
とりあえず、OPだけ見たんです。
それで一気に興味を惹かれまして・・・。
自分の貯金を使って買ったんです。(笑)
あまり親には知られたくないゲームなので。。。
シュミレーションを家族の前でやる自信はあまり。。。(笑)


それでは以下、ネタバレな感想を書きますので、
伏字にします。

え~と、まずはOPのことでも。
映像のことなんですが、
一番最初の『たいせつなひとが いなくなってしまった』の文が出てるとき、
周りに蛍が飛んでいることで、
夏にいなくなってしまったことが何気にわかります。
まぁ、それはゲーム中のあらすじで知れるんですけど。(笑)
その後の桂ちゃんと何気にケイが一緒?に出てるシーンは(タイトルロゴのところ)、
ユメイルートを進めてわかる桂ちゃんとケイの関係を知った後に見ると、
とてもわかりますね~!!
登場人物達が出てくるところ(ノゾミ、ミカゲを除く)は、
それぞれ背景がヒントになってる・・・という考えすぎな状態になった私です(笑)
例えば、烏月さんなら旅館が風景なので、
      旅館にいるような選択肢をしていくと大丈夫的な感じに。
いわゆるその人物に逢える場所ですね。
考えすぎですよね、ここまでいくと(笑)
烏月さんと桂ちゃんが指きりをしているシーンは、
歌詞と合ってますよね、微妙に。
微妙には余計かもしれないですが。
あれって、左手が烏月さんで右手が桂ちゃんですよね?
左手がとてもたくましい感じの手をしているので。。。
サビは、歌詞と結構被るところが多いですね。
見えづらいんですが輪が廻っていたり、赤い糸が重なったり、
欠けた月が沈んだり。
使われてる画像、見た限りバッドエンドの画像無いですよね?
進め方によってはバッドエンドに行ってしまうこともありますが・・・。
そうそう、ユメイさんが映る時って少しだけ茶色になる時があるじゃないですか。
きっとあれって柚明として、いたことをさしてるんでしょうね。
ユメイさんの部分だけ茶色になるので、ね。
柚明さん、髪の毛茶色ですから。
映像だけでこんなに書いてる・・・orz

歌の方は、霜月はるかさんとriyaさんのタッグですね。
曲名は『廻る世界で』。
この曲、イントロとサビで桂ちゃんが維斗を構えてるところ、
個人的に大好きです(笑)
この曲って歌詞が二重になっていますよね。
サビもよ~く聴けば、riyaさんの声が聞こえます。
ちなみに、最近になってようやく2人の声の違いがわかりました。(笑)
この曲で2人を知ったもので・・・(^^ ;)
今聴くと、全然声違いますよね。(苦笑)
2番は作中に無いんですが、機会があったら聴いてみるといいですよ~。


ストーリーについて。
ようやくストーリーですよ(笑)
桂ちゃんの実家での柱の傷には、見事騙されました(笑)
てっきり1本は桂ちゃん、1本はユメイさんのかと思いました最初。
私は最初に入ったルートというルートがサクヤルートでしたので。。。
ケイが血の繋がった兄妹というのは意外すぎました(笑)
そういえば、烏月さんと桂ちゃんって近からず遠からず血がつながってますよね。
桂ちゃんのお母さん、元千羽党の方ですし。
・・・つながってるのかな?
気になったのが、『凍てる弧月』エンドで、
桂ちゃんが『私、約束守れなかったけど・・・』という台詞があって、
え、何のこと?って最初思ってました。
でも、その約束をする選択肢選ぶと、トゥルーエンドに行っちゃうんですが、
私だけなのかな(笑)
約束って烏月さんとケイが戦って、烏月さんを庇って斬られ、
その後にサクヤさんとする約束でいいんですよね?
他には、鬼切り部はまつげが長い、スタイルいいくらい(笑)
ちなみに、私はサクヤルートと烏月ルート辺りが好きです。
ユ・・・ユメイさんも好きですよ~、葛ちゃんも、ノゾミちゃんも。(笑)
ノゾミルートをやると、ノゾミちゃんも苦しかったんだな~って思いました。
敵にもいろいろあるんですよね。
だから、ノゾミルートの後に烏月ルートやるとちょっと見方が変わりますね。
最初は烏月さんかっこいい!!から、あぁ・・・烏月さんって感じに・・・。


さて、エンディングについて。。。
私が初めて行き着いたエンディング、
『雫』でした(笑)
(桂が崖から落ちて死んでしまうエンディング)
始めて2日ほどで着いた初のエンディングだったので、
とても笑えてしまいました(笑)
ごめんね、桂ちゃん。
アカイイトのエンディングって、
バッドエンドでもとても気に入るものが多いですよね。
ユメイルートで桂ちゃんが最後にユメイさんに血をあげて死んでしまうエンディングとか、
桂ちゃんがサクヤさんの力で観月の民のようになってしまうエンディングとか、
前者はともかく、後者はサクヤさんにとって一番幸せなエンディングなんですよね。
そしてノーマルエンドといえば・・・。
陽子ちゃん。
むしろノーマルエンドが陽子ちゃんルートみたいな感じです(笑)

エンディング曲について。
riyaさんと霜月はるかさんがタッグで歌う『旅路の果て』ですね。
こっちはOPと違い、riyaさんがメインをやっています。
この曲、3番の歌詞の方が印象強いんですよ~。
エンディングらしい雰囲気の曲で好きです。
歌詞がホントに・・・。


BGMについて。
一部のBGM、『アオイシロ』でも使われてますね~。
戦闘曲の『泡沫』と、感動を誘うあのBGM・・・。
名前がわからない。。。(苦笑)
『泡沫』は携帯に入っているんですよ。
感動~の方は、ピアノver.の『廻る世界で』って感じのなんですが、
わかりますかね。。。
そこらのBGMは、『廻る世界で』をほとんど使っていて、
でも違う曲っていう感じのなので、なんか好きです。
『泡沫』は、もう聴いてるだけでサクヤさんのイメージが。。。
いろいろあったので、戦闘BGMなのに泣けてきます。(笑)
感動~の方は、ユメイさんかな?
『桂ちゃんの頬、冷たいわ・・・。』がインパクトありすぎて・・・。


まとめ。
読んでる方いるのかわかりませんが、
長々と読んでくださりありがとうございます(笑)
烏月さんのトゥルーエンドを迎えてから、
葛ちゃんがシャナってことに気づいたんです(笑)
あと、サクヤさんの声、低い声になると誰かに似てるな~・・・って思っていたら、
『ローゼンメイデン』の桜田ジュンだったり・・・。
ほとんど声優無視でOPが気に入ったから買っちゃった作品なんですが、
とても良い作品でした♪
そういえばサクヤさん、ちゃんとクリアーされた方には「さん」付けですよね。
さすがです。(笑)
サクヤさんはなんか呼び捨てにできないですね。(笑)
実は今でも、OP見るためにゲームを機動したりします。
パソコンでも某サイトで見れるんですが、
なんかちゃんと自分の持ってるソフトで見ないと気がすまないというか。。。
そして、烏月さんはいじられキャラですね・・・。
バカ正直な性格、嫌いじゃ無いですから。
仕事に追われて、学校の出席率が壊滅的とか葛にCDで言われてたりします。
桂ちゃんには納豆をかき混ぜる姿でも凛々しいとか(笑)

じゃあ、以上、感想を終わりにします。


長っ!!!(笑)
この作品に出会えて本当に良かったです。
サクセスさん、ありがとうございます!!

ではでは~。
スポンサーサイト

【2009/06/21 04:03】 | ゲーム感想。
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。