好きな音楽、学校生活、ギター、アニメ、ゲーム。忘れたくないから残せたら良いな。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんは~。

ほとんどのゲームのプレイ時間が100時間いっています、みいるです。
やり込んではいないはずなんですが、
結構いっちゃうんですよね・・・。
サウンドノベル(小説みたいにほぼ読んでいくゲーム)では、
読むこと自体が早い人なので(多分)、
40時間くらいで終わるんですが。。。


え~と、長崎はお父さんと二人で行ったんですよ。
ちなみに、お母さんはその時秋田の方へマラソンをしに行っていました。
ちょっと事故により、腰を痛めていたらしいんですが、
頑張って10km走ったらしです。
いつもは42.195km走っているんですよ、お母さん。
・・・一応本業ではないんですが。

さて、とりあえず、長崎での旅の状況を書いていきます。
↓1日目
午後2時頃に福岡空港に着いて、空港内でカレーを食べる。
長崎のホテルの予約が取れなかったらしく、
福岡のホテルに泊まることになったので、
荷物を置きにそのホテルへ。。。
そこでお父さんがパソコンでいろいろ調べてくれて、
福岡タワー(名前間違っていたらすみません)に行きました。
(私は少々高所恐怖症です)
・・・思ったより高かったです、タワー。
千葉県にもポートタワーというタワーがあるんですが、
少々低くて・・・、ほぼお土産屋さんみたいな感じです。
花火大会など、そのポートタワーの周辺でやるので、
時々行くんですよ。
花火の数とかまぁまぁですが、花火の形とかいろいろあって面白いんですよ。
アンパンマンとかドラえもんとかサッカーボールとか。
最後のしめとか、大きいこと大きいこと。
・・・話が脱線しました。

その後は、ホテルに戻って、パソコンをいじったりしながら、
寝ました。
ZONEを聴いたり、水樹奈々さんを聴いたり、YUIさんを聴いたり。
最近とても『ROCKING』が突然聴きたくなるんですよね~。

↓2日目
長崎のホテルにお引越し・・・の前に、
原爆資料館に立ち寄りました。
ここで朝ごはんと昼ごはんを足した感じの食事をしたんですが。
鶴がすごかったんですよ、千羽鶴。
学校全体とかで作ったんでしょうか、あれは。
今年は千羽鶴を飽きるほど見た・・・。
その後、慰霊碑って言うのかな。
原爆が落ちたところ(中心地)に行ったんです。
ここも結構な数の千羽鶴がありましたね。
後は・・・確か水爆実験のことでの集会の会場に行って、
いろいろな国の方々から話を聞いたんですが。
こういう集会で『ミイル』という単語を頭の片隅に置いときながら聞くと、
稀に聞こえますよ。(苦笑)
特にロシア人の方がこういう集会で演説をする時は。。。
HNの『みいる』は本名を足したり引いたりしながら出来た名前なので(笑)
で、集会は少々眠くて、寝ていた部分もありますが・・・。
アメリカの大統領、オバマさんはやっぱり信頼が高いですね。
その集会では、水爆実験をやらせないためにはどうするかという感じの意見交換が多かったですが、
都道府県の活動報告というのもあって。
北海道の方とかいましたね。
街で署名活動をして、何千人に書いてもらったりとか。
署名の内容は、水爆実験の廃止や広島・長崎の原爆の話のこととか。
集会が終わった後、その場に留まっていたら、
『明日、高校生達の集会があるので、一緒に見に行きませんか』と、誘われ・・・。
話を詳しく聞くと、
大人達の話だと難しいところもあるので、
高校生達がやっている集会を一緒に見に行かないかということで。
千葉県の高校生を何人か集めて頑張っていましたよ。
それで、路面電車でホテルに戻り・・・。
路面電車、どんなに遠くても100円で行けますので。
ただ、間違えて電車に乗ると、それでも100円を払わないといけないので、
少々大変でしたね。(苦笑)
あ、ホテルがワンルーム(一人部屋)だったんですよ、2日目と3日目。
寝坊しないか緊張して、あまり寝れなかったりしましたね(笑)

↓3日目
朝ごはんをホテルで食べて、チェックアウトして。
次のホテルへお引越し。
このホテルが一番怖かった(笑)
私の泊まった部屋、少し特殊で、
何故かキッチンがあったんですよ、小さかったですが。
あと、風呂場の鏡が錆びている部分があって、
錆具合が血痕に見えたり。(気のせいです)
その後、内線電話で無言電話・・・。
無言だったんですが、クシャクシャと音がしていましたね。
とりあえず荷物を置いて、お呼ばれ頂いた高校生達の集会へ。
あ、お父さんは大人達の集会場へ行ったので、別行動です。
それで、高校生の話を聞いてみると。
署名活動とか、折り鶴とか、結構活動していてびっくりしましたね。
・・・千葉県って何も活動していないんじゃないかって思いました。
(千葉県は発表する人がいなかったので、わからなかったんです)
まぁ、何か活動をしていると信じて・・・。
署名くらいなら手伝いたいんですけどね。
あ、京都の方々の発表、結構面白かったですね。
面白かったというか、話し方がうまくて、わかりやすくて。
最後の方は話が長いと注意され、切られちゃっていましたが(笑)
それらの話が終って、
一緒に行動している高校生の方々と話しながら昼食食べてっていう。
話を聞いていると、家が皆さん近いということで友達になりました。(笑)
昼食後は、アメリカの方1人とロシアの方2人から話を聞いたんです。
ここでは、核兵器の話などを知ったんですが。
日本の広島・長崎の原爆は、アメリカのほぼ実験でやられてしまったんですが、
ロシアの場合、同じ国の人にやられているんですよ。
それってなんか辛すぎる・・・。
まぁ、違う国にやられても辛いけど、
なんで同じ人間なのにこんなに争わなきゃいけないのか。。。
で、集会終了後は一緒に行動した高校生みんなで集合写真を撮ってっていう。
その後はお父さんと合流して、その人達とは別れて。
ホテルに戻って、風呂場が怖くて眠れなかったりしましたね(笑)

↓4日目
お姉ちゃんからおみやげを頼まれ、
探しながら長崎巡りを。
協会に行ったりしましたね。
ちなみに、この日が長崎に原爆が落ちた日にちだったので、
11時2分(原爆が落ちた時間)にサイレンが町中に響き渡りました。
サイレンが響くと、タクシーの運転手とか、
街を歩いている人、みんな黙祷をしていました。
そのサイレンが鳴っている時、
私はお父さんと眼鏡橋付近でアイスを食べていましたね。
その後は集会場でまた集会をしていたので、
見に行ったんですが・・・私はまた寝てしまい。
気がついたら終わりそうになっていたので、
路面電車が空いている間にまた移動して、
原爆資料館へ。
資料を見てきましたよ、端から端まで。
そこで知ったんですが、
広島・長崎の他に横浜と新潟の方も候補になっていたらしいですよ。
びっくりですね、ホントに。
え~と、それで空港でお姉ちゃんのおみやげを買って、
飛行機に乗って、千葉県に帰りました~。


じゃあ、終わりにします。
やっと書けた(笑)
原爆が落とされたこと自体、嫌なことですけど、
新潟に落ちていたり、長崎からずれて福岡に落ちていたりしたら、
私間違いなく生まれていなかったですね・・・。
(お父さんは新潟、お母さんは福岡出身です)
原爆資料館、絵とか全部真剣にみると、
感覚麻痺を起しますので、気を付けてください。
とりあえず、生まれてこれて良かったです。
署名活動、ご協力ください~!!
・・・長崎では高校生が署名活動を多くやっていたので、
ホント手伝いたかった(笑)
では、ウィ~ウィ♪
スポンサーサイト

【2009/08/15 00:45】 | 日記。
トラックバック(0) |


ゆきんぼ
旅での出会いってなんかいいですよね。
でも、原爆の話題はきついものですね。
わたしは長崎ではなく、広島に行きましたが
そこで死んだ人の舌(ホルマリン漬け)を乾燥させたものを見てしまい…
その後旅館で出たまぐろのお刺身がどうしても食べられなかったという思い出があります。

母方の祖母は大阪に住んでいましたが、空襲を予知して熊本に逃げたため助かることができました。
その祖母も結婚のために上京し、結婚の直前になって祖父が戦地へ召集されてしまい絶望的だったそうです。
しかし、祖父は終戦直前の召集だったため
長くいなかったことが幸運を呼び、無傷で生きて帰ってきてくれました。
もしかしたらわたしは生まれていなかったかもしれません。

ゆきんぼさんへ
みいる
こんばんは~。

それは・・・結構きついですね。。。
絵や写真だけで済んで良かったです。
旅館は和食ですからね~、ほとんど。
なんか・・・お疲れ様です!!

すごいですね。
奇跡の連続・・・というか、なんというか・・・。
(まぁ、世の中奇跡で溢れているんですけどね)
ゆきんぼさんが、生まれてきてくれて(生まれてこれて)良かったです♪
私にとっても、ゆきんぼさんのブログの方に載っている子達にとっても。

ではでは~。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
旅での出会いってなんかいいですよね。
でも、原爆の話題はきついものですね。
わたしは長崎ではなく、広島に行きましたが
そこで死んだ人の舌(ホルマリン漬け)を乾燥させたものを見てしまい…
その後旅館で出たまぐろのお刺身がどうしても食べられなかったという思い出があります。

母方の祖母は大阪に住んでいましたが、空襲を予知して熊本に逃げたため助かることができました。
その祖母も結婚のために上京し、結婚の直前になって祖父が戦地へ召集されてしまい絶望的だったそうです。
しかし、祖父は終戦直前の召集だったため
長くいなかったことが幸運を呼び、無傷で生きて帰ってきてくれました。
もしかしたらわたしは生まれていなかったかもしれません。
2009/08/17(Mon) 23:09 | URL  | ゆきんぼ #[ 編集]
ゆきんぼさんへ
こんばんは~。

それは・・・結構きついですね。。。
絵や写真だけで済んで良かったです。
旅館は和食ですからね~、ほとんど。
なんか・・・お疲れ様です!!

すごいですね。
奇跡の連続・・・というか、なんというか・・・。
(まぁ、世の中奇跡で溢れているんですけどね)
ゆきんぼさんが、生まれてきてくれて(生まれてこれて)良かったです♪
私にとっても、ゆきんぼさんのブログの方に載っている子達にとっても。

ではでは~。
2009/08/19(Wed) 01:44 | URL  | みいる #[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。