好きな音楽、学校生活、ギター、アニメ、ゲーム。忘れたくないから残せたら良いな。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんは~。

今日は本(漫画)の話をします、
みいるです。
マニアック・・・かもしれません。
まぁ、見てください。(・∀・)

昨日、漫画も買ったんですよ~。
『スレイヤーズ』の4・5・6巻を。。。
8巻もあったんですが、
7巻が無かったので・・・。
こういう時、
先の巻を買うか迷いますよね~。(笑)
私は超能力とか魔法が使える世界の話や、
主人公達がそれらを使える話が好きなんです。
『ふしぎ遊戯』シリーズとか、
『東京アンダーグラウンド』とか。
あ、名前の出した作品は、
記事の続きにあらすじを書きますね~。

まぁ、何を買うか目的も無く、
本屋さんの漫画コーナーを端から端まで見ました。
そこで気になったのが、
『夜桜四重奏~ヨザクラカルテット~』という作品。
最初、表紙を見たら女の子がギターを持っていて、
音楽系かな?って思ったら戦い系でした。(笑)
で、いつも値段が手頃なのに、
見たら高い方だったので何でだろうと思ったら。。。
一昨年アニメ化していたんですね~。
アニメ『喰霊-零-』とか見ていた頃かな。
う~ん、
漫画読みたいですしアニメも見たいです。
今度買ってみよう。
いろいろ見ていると、
『スカイハイ』の作者の高橋ツトムさんが、
新しい漫画を出しているではありませんか。。。
・・・なぜあの時私は本を見なかったのだろう。(笑)
どんどん見ていくと、
『ドラゴンドライブ』が・・・。
最終巻だけどこにも売っていないので、
少し期待したんですけど、
売ってませんでした。(・Å・)
出ているはずなんですけどね~。
また見ていくと、
ついに『喰霊』が!!!
アニメがやっていた時は、
放送終了して3ヶ月くらい、
店内に置いてなかったんですよね。
これも買って読みたいです。
いや、酷評は多いけどこれはこれで。(苦笑)
あとは・・・。
『冒険王ビィト』かな、
一気にファンタジー系になりました。
ちょっと事情があって出ないんですよね、新刊。
いつか出ると信じて待ちます。

っと、ここまで書きましたが、
他にいろいろ見たはずなんです。
でも忘れてしまいました。(笑)
歩く速度で並んでる漫画を見る感じなので、
覚えている方が珍しいですね。
あ、そうだ、
『Kanon』がありました。
漫画あるんですね~、
ビックリしました・・・。
人によって相沢祐一の描き方、
全然違いますね。(笑)


じゃあ、終わりにします~。
魔法が出る作品はアニメで見ると、
とても魅力的ですね。。。
・・・やっぱりマニアックかもしれません。
アニメ化がまだの超能力系、あるかな?(苦笑)
さてさて、
季節性のインフルエンザにかかったクラスの子、
約7人です。
行事が延期にならない事を祈ります。
あと、
ホットケーキにもずくをかけて食べるとおいしいらしい。
矢口真里さん、
お誕生日おめでとうございます~!!!
では、ウィ~ウィ♪


簡単に作品説明します。

『スレイヤーズ』
姉の「世界を見てこい」という一言から旅をする、
自称美少女天才魔道士の主人公・リナ=インバース。
そのリナが盗賊退治(?)をしたり、
お宝のために人助けをするという話。
「ドラまた(ドラゴンもまたいで通る)リナ」など、
変な呼ばれ方をしています。(笑)


『東京アンダーグラウンド』
高校に入学したばかりの主人公・浅葱(あさぎ)留美奈。
ある日、
ひょんな事から女の子から「風の能力」を授かり、
その女の子を守るために戦う。
他に、
「重力の能力」や「雷の能力」などいろいろあります。
漫画の最終巻では、
もう・・・泣かせてもらいました・・・。

『ふしぎ遊戯』
中学生の夕城美朱と親友の本郷唯が、
ひょんな事から『四神天地書』という本に吸い込まれ、
異世界に行ってしまう。
で、元の世界に戻るため、
朱雀の巫女となり、旅をするという話。
アニメも見ましたが、
これは・・・すごい。
愛の力ってすごすぎる・・・。

『ふしぎ遊戯 玄武開伝』
『四神天地書』の本の作者である奥田永之助の娘、
奥田多喜子。
ある日、多喜子の母が結核のため死んでしまい、
永之助への怒りで本を破ろうとしたところで本に吸い込まれる。
異世界の北甲国へ降り立つ。
元の世界には私を待つ人はいない、
この国の人々を救おうと玄武の巫女になります。
・・・渡瀬(作者)さん、
絵が本当にうまくなりましたね~。

『スカイハイ』
私が見たことあるのはドラマと映画だけなので、
そっちの話を。
不慮の事故や殺人によって死んでしまった者が、
『怨みの門』に辿り着く。
怨みの門の門番・イズコがその者達の記憶を見て、
なぜ死んでしまったのか・・・などを見せ、
死者に3つの選択を出す。
1つ『死を受け入れて、天国で再生を待つ。』
2つ『死を受け入れず、現世で彷徨い続ける。』
3つ『現世の人間を1人呪い殺して、地獄に逝く。』
怖い話もありますし、感動する話もあります。
今までのドラマで、
一番好きなドラマです。

『ドラゴンドライブ』
中学生の大空レイジが、
幼なじみの雪野麻衣子に、
『ドラゴンドライブ』というバーチャルゲームに誘われる。
それは自分のドラゴンを呼び出し、
他の人のドラゴンと戦うという内容。
レイジはそれにはまっていく。
ちょっと短いですが、ここまで。
・・・いつかこういうゲームが出るのかな、
現実にも。

『冒険王ビィト』
「暗黒の世紀」と呼ばれる時代、
それは魔物(モンスター)と魔人(ヴァンデル)によって、
人間は苦しい生活を送っていた。
それらを倒す職業・バスターは、
才牙(さいが)と呼ばれる武器を持つ。
まぁ、他に天撃(魔法)を使う人もいます。
それで、
「暗黒の世紀」を終わらすために、
ビィト戦士団は戦っていくという。
今は止まってしまっていますが、
面白いと思います。
なんというか・・・発想が・・・。


おまけ。
私は結局、
非現実の話が好きなだけな気がします。(笑)

ではでは~。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲


簡単に作品説明します。

『スレイヤーズ』
姉の「世界を見てこい」という一言から旅をする、
自称美少女天才魔道士の主人公・リナ=インバース。
そのリナが盗賊退治(?)をしたり、
お宝のために人助けをするという話。
「ドラまた(ドラゴンもまたいで通る)リナ」など、
変な呼ばれ方をしています。(笑)


『東京アンダーグラウンド』
高校に入学したばかりの主人公・浅葱(あさぎ)留美奈。
ある日、
ひょんな事から女の子から「風の能力」を授かり、
その女の子を守るために戦う。
他に、
「重力の能力」や「雷の能力」などいろいろあります。
漫画の最終巻では、
もう・・・泣かせてもらいました・・・。

『ふしぎ遊戯』
中学生の夕城美朱と親友の本郷唯が、
ひょんな事から『四神天地書』という本に吸い込まれ、
異世界に行ってしまう。
で、元の世界に戻るため、
朱雀の巫女となり、旅をするという話。
アニメも見ましたが、
これは・・・すごい。
愛の力ってすごすぎる・・・。

『ふしぎ遊戯 玄武開伝』
『四神天地書』の本の作者である奥田永之助の娘、
奥田多喜子。
ある日、多喜子の母が結核のため死んでしまい、
永之助への怒りで本を破ろうとしたところで本に吸い込まれる。
異世界の北甲国へ降り立つ。
元の世界には私を待つ人はいない、
この国の人々を救おうと玄武の巫女になります。
・・・渡瀬(作者)さん、
絵が本当にうまくなりましたね~。

『スカイハイ』
私が見たことあるのはドラマと映画だけなので、
そっちの話を。
不慮の事故や殺人によって死んでしまった者が、
『怨みの門』に辿り着く。
怨みの門の門番・イズコがその者達の記憶を見て、
なぜ死んでしまったのか・・・などを見せ、
死者に3つの選択を出す。
1つ『死を受け入れて、天国で再生を待つ。』
2つ『死を受け入れず、現世で彷徨い続ける。』
3つ『現世の人間を1人呪い殺して、地獄に逝く。』
怖い話もありますし、感動する話もあります。
今までのドラマで、
一番好きなドラマです。

『ドラゴンドライブ』
中学生の大空レイジが、
幼なじみの雪野麻衣子に、
『ドラゴンドライブ』というバーチャルゲームに誘われる。
それは自分のドラゴンを呼び出し、
他の人のドラゴンと戦うという内容。
レイジはそれにはまっていく。
ちょっと短いですが、ここまで。
・・・いつかこういうゲームが出るのかな、
現実にも。

『冒険王ビィト』
「暗黒の世紀」と呼ばれる時代、
それは魔物(モンスター)と魔人(ヴァンデル)によって、
人間は苦しい生活を送っていた。
それらを倒す職業・バスターは、
才牙(さいが)と呼ばれる武器を持つ。
まぁ、他に天撃(魔法)を使う人もいます。
それで、
「暗黒の世紀」を終わらすために、
ビィト戦士団は戦っていくという。
今は止まってしまっていますが、
面白いと思います。
なんというか・・・発想が・・・。


おまけ。
私は結局、
非現実の話が好きなだけな気がします。(笑)

ではでは~。
スポンサーサイト

【2010/01/20 23:59】 | 日記。
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。