好きな音楽、学校生活、ギター、アニメ、ゲーム。忘れたくないから残せたら良いな。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんは~。

今回ご紹介する作品のおかげで、
『chronicle』が書けるようになりました、
みいるです。
私の知る大半の英語は、
歌詞や漫画・アニメ・ゲーム名から覚えています。
特につづりについては、
とても助かっております。


さて、
今日は記事を二つ書きたいので、
さっそく本題へ。

『UnderGarden chronicle』の紹介から。

普段から感想を書かないので分からないと思いますが、
フリーゲームのは初めてです。
結構最近なんですよ、
フリー作品に手を出したこと自体。
その中でこの作品が出来たことを心から感謝です。

-------あらすじ-------
記憶を失い目覚めた少女・アシュレイは、
ある部屋に閉じこめられていた。
武器を手にその部屋を脱出し、
外の世界を目指す。
---------終了---------

ちなみに、
一応百合作品だとは思います。
他のフリーのRPGをやっていないので分かりませんが、
ムービーがないわけですね、
音声も無いのでそういうものなのかな。
イベントはもちろんありますよ~。
あぁ、
ヒロイン全員女の子(?)なので。
やろうと思えば、
1日で一周クリアーはできますよ~。


-------感想-------
ネタバレ無しなのでご安心を。
まぁ、
RPGが苦手な私でも、
楽に楽しく出来た作品でしたね。
面白かったです。
操作も簡単なので、
ゲーム中の説明も親切で分かりやすかったかな。
あとあと、
装備によっては魔法や装飾が変わり、
好みとかで変えて・・・っていう。
BGMはホントに聞いてほしい。
切ないものは切なく、
かっこいいものはかっこよく・・・。
個人的に、
スタート画面での曲がお気に入りですね。
絵の方は人を選ぶかもしれないですが、
それもメニュー画面での事だけであって、
戦闘に入るともう・・・みんな格好良くて・・・。
もっと早くやっていたかったなぁっと。
RPGなだけに、
謎解きもよく出来ていましたね、
『あぁ、なるほどね』ってなったものです。
にしても、
ストーリーは切なく、
でも楽しくとホントに。
記憶を消してもう一回やりたいですね~。
-----感想終了-----


※続きにネタバレの感想を書きます。
 隠しますが、
 まだプレイしていない方は楽しみが消えますので、
 見ないようにしてください。
 個人的な感想なので、
 そこの批判はしないようによろしくお願いします。


じゃあ、終わりにします~。
実は『書く』と宣言した日だったかな、
この『UnderGarden chronicle』のHPを主様が消されたみたいで、
その主様のHPも今は『超縮小』され・・・。
なので、
やってみたい方は他のところから探してください。
あるにはありますので。
どうしても見つからなかったら教えますが、
そこも消されてたらドンマイという事になります・・・。
まぁ、
また復活してくれることを信じて。
ちなみに、
フリー作品は初心者なもので、
参考にならないのは申し訳ない・・・。
では、ウィ~ウィ♪
----ネタバレ感想----
何度も言いますが、
曲の出来はホントに良いですね。
個人的に、
『Hearts』や『降り注ぐ一億の星』、
『Southern Cross』、
そして『うたかたの想い』は大好きですね~。
哀しめの曲が好きなもので^^;
戦闘曲では『英断の日、その瞬間』がお気に入りです。

それはいいとして、
ストーリーもホントに私の好きなタイプでした。
記憶喪失というので感情移入がしやすかったというか、
切ない部分を想像すると胸が痛みましたし、
面白い部分は声に出して笑ってしまったという。
・・・ツボが浅いのかな。
お気に入りのイベントとしては、
アシュレイがヴァディスに追い込まれ、
そこに助けてくれたエリオットが・・・というところ。
もうシーンとして想像するだけで、
切なく・・・・・・。
アシュレイが約束のために我を忘れながらも進むのも良かったですが、
一番はやっぱり↑の部分かな。
ラストも、
友情・・・というかなんというか、
嬉しかったな~・・・。
一番嬉しいのはアシュレイなんだろうけれど。
2つ言うなれば、
エリオットとイゾルデが同居状態で服装も関係も、
なんか親子っぽくて途中で違和感が(笑)
特にヴァディスが好きと気づいたときには、
『・・・おぉ?』という。
もう1つが、
やっぱりエリオット以外のストーリーの薄さかな。
全部ちゃんとできていたら、
容量が大変なことになりそうですけどね。
イゾルデもハードがあるので良いですが、
ヴァディスはな・・・。
それほどマスターへの想いが強かったんだろうね、
イゾルデの気持ちも分からなくはないかな。

戦闘は、
やっぱり技をどんどん使って、
この敵にはこの技!!みたいに研究したりとか、
一度会った敵さんについては、
魔物図鑑で弱点が分かるのも良いなっと、
落とすアイテムも同じ部分に書かれますし・・・。
そこは親切というか優しいですね。
装飾も変わるのも面白いなっと、
こういう立ち絵・・・って言うんでしょうか、
変わるのは新鮮だったので。
ハードは何度一撃死したことか(苦笑)
最初はセーブ→戦闘を繰り返せばもう楽でしたけどね。
いつでもセーブができるっていうのも良いね。
そうそう、
あと驚いたのが、
戦闘に出ない仲間もレベルUPをしてくれるっていう。
操作も楽で・・・いや~、
助かりました。

というか、
全体的に邪魔にならない程度の説明文で良かったですよ。


とりあえず、
記録は書いておきますね。
1周目:04:49:37
2周目:13:05:19(ハード)
3周目:01:17:52(リターン)

リターンなだけに、
イベントは飛ばさずに見直しでしたから、
そんなに早くはなく・・・。
パズルに手こずったりと初心者並の手つきでしたね、
面白かったから良いんですけどね。
レベルが無かったら3時間はいっていたと思われます。
そんな感じでした。
----ネタバレ感想終了----

それでは・・・。
この作品を作ったさふらんさん、
その他作品の情報提供をしてくれた方、
ありがとうございました。

また、
忘れた頃にプレイできると信じて。

ではでは~。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲
----ネタバレ感想----
何度も言いますが、
曲の出来はホントに良いですね。
個人的に、
『Hearts』や『降り注ぐ一億の星』、
『Southern Cross』、
そして『うたかたの想い』は大好きですね~。
哀しめの曲が好きなもので^^;
戦闘曲では『英断の日、その瞬間』がお気に入りです。

それはいいとして、
ストーリーもホントに私の好きなタイプでした。
記憶喪失というので感情移入がしやすかったというか、
切ない部分を想像すると胸が痛みましたし、
面白い部分は声に出して笑ってしまったという。
・・・ツボが浅いのかな。
お気に入りのイベントとしては、
アシュレイがヴァディスに追い込まれ、
そこに助けてくれたエリオットが・・・というところ。
もうシーンとして想像するだけで、
切なく・・・・・・。
アシュレイが約束のために我を忘れながらも進むのも良かったですが、
一番はやっぱり↑の部分かな。
ラストも、
友情・・・というかなんというか、
嬉しかったな~・・・。
一番嬉しいのはアシュレイなんだろうけれど。
2つ言うなれば、
エリオットとイゾルデが同居状態で服装も関係も、
なんか親子っぽくて途中で違和感が(笑)
特にヴァディスが好きと気づいたときには、
『・・・おぉ?』という。
もう1つが、
やっぱりエリオット以外のストーリーの薄さかな。
全部ちゃんとできていたら、
容量が大変なことになりそうですけどね。
イゾルデもハードがあるので良いですが、
ヴァディスはな・・・。
それほどマスターへの想いが強かったんだろうね、
イゾルデの気持ちも分からなくはないかな。

戦闘は、
やっぱり技をどんどん使って、
この敵にはこの技!!みたいに研究したりとか、
一度会った敵さんについては、
魔物図鑑で弱点が分かるのも良いなっと、
落とすアイテムも同じ部分に書かれますし・・・。
そこは親切というか優しいですね。
装飾も変わるのも面白いなっと、
こういう立ち絵・・・って言うんでしょうか、
変わるのは新鮮だったので。
ハードは何度一撃死したことか(苦笑)
最初はセーブ→戦闘を繰り返せばもう楽でしたけどね。
いつでもセーブができるっていうのも良いね。
そうそう、
あと驚いたのが、
戦闘に出ない仲間もレベルUPをしてくれるっていう。
操作も楽で・・・いや~、
助かりました。

というか、
全体的に邪魔にならない程度の説明文で良かったですよ。


とりあえず、
記録は書いておきますね。
1周目:04:49:37
2周目:13:05:19(ハード)
3周目:01:17:52(リターン)

リターンなだけに、
イベントは飛ばさずに見直しでしたから、
そんなに早くはなく・・・。
パズルに手こずったりと初心者並の手つきでしたね、
面白かったから良いんですけどね。
レベルが無かったら3時間はいっていたと思われます。
そんな感じでした。
----ネタバレ感想終了----

それでは・・・。
この作品を作ったさふらんさん、
その他作品の情報提供をしてくれた方、
ありがとうございました。

また、
忘れた頃にプレイできると信じて。

ではでは~。
スポンサーサイト

【2011/04/30 23:59】 | ゲーム感想。
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。