好きな音楽、学校生活、ギター、アニメ、ゲーム。忘れたくないから残せたら良いな。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんは~。

今日から新しい企画を始めます、
みいるです。
というのも、
今までの人生を振り返ってみようかなっと思いまして。
そんなわけで、
題名しりとりを頑張りながら、
昔見たアニメややったゲームを振り返ってみます。

そんなわけで、
今日はこんなアニメをご紹介。



『ガラスの仮面』。
貧しい家庭で育った平凡な少女である主人公・北島マヤが、
月影千草と出会い、
演劇の面白さを知り、
成長していく話です。

結構有名なんじゃないでしょうか。
私の見ていたアニメは2005年の方ですが、
面白くてずっと録画して見ていましたね~。
というのも、
私の家族である母と姉は、
ドラマ『ガラスの仮面』を見ていたそうで。
とてもお気に入りみたいです。
個人的に結構難しかったのですが、
やっぱり面白かったですね・・・。
ドラマの方は、
安達祐実さんがやっていましたが、
北島マヤ本人のような子でしたね。
なんか安達さん、
私の中でのイメージが大変なことに・・・。
ドラマの中のドラマってどんな感じなんでしょうね。
近いうちに見てみようかな。
月影先生の台詞は励まされます。
『椿姫』話のラーメン配達を見たら、
もう・・・。


さて。
残念ながら内容は曖昧でして。
マヤの人形役の部分が一番印象的です。
そうそう。
この作品で珍しい部分は、
ライバルが嫌みたらしくないところでしょうか。
姫川亜弓さんですが、
正々堂々していて、
ライバルだけど優しい・・・というか。
難しいなぁ(^^;)
一応主人公なんですけどね。

そんなわけで、
曲を載せます。

第2作目『ガラスの仮面』ED2
曲:Step one 唄:Sister Q


メ~キメ~キメキ♪
当時は曲については気にしていなかったんですけどね~、
良いかもしれません。
Bメロ辺りからの、
務めた役が出るところがお気に入りです。
ちなみに、
録画はしていたのですが、
予約録画ができなかったので、
手動でやっていました。
姉が寝ている時は私が録画のために起きていた、
なんて結構ありましたね。
というか、
ホントいろいろありましたね~。
マヤの役もそうですが、
亜弓さんの役も懐かしい・・・。
51話ありますが、
最初から見直したい。
と言っても、
今年はそんな暇がないのですが。


次に、
第2作目『ガラスの仮面』OP2
曲:zero 唄:幾田愛子



紫のバラの人が人を轢きかけるOPです、
当時からそこが印象的で・・・。
(バラを渡す時に正体が分かりそうですよね~。)
今はサビが一番好きですね、
階段を駆け上っている辺りから。
亜弓さんが好きになれるOPです、
なぜだろう。
う~む・・・。
なんだかんだで、
マヤの遠くにいるようで近い亜弓さんが好きです。


実はですね、
2005年版は結構現代風になっているんですよ~。
亜弓さんは、
ホントは金髪のロールですから。
紫のバラの人も・・・何色だったか。
↑2つの動画は2005年版だったので、
せっかくですので第1作目も載せます。

第1作『ガラスの仮面』OP
曲:ガラスの仮面 唄:芦部真梨子さん


瞬きをしないので違和感がありますね・・・。
あと、
軽く時代を感じます(^^;)
この映像で演劇作品だと分かるのか気になりますね。
個人的に、
バレエ作品に見えます。
いや、
完全にダンスが無関係というわけではないですが・・・
もう少し演技の方にいけなかったのかな。
こういうのも良いと思いますけどね。
亜弓さんもいます、
お人形さんみたいで可愛いですね。



じゃあ、
終わりにします~。
こんな感じにこの6月はずっと感想を書きます。
部活の方が発表で忙しくなりそうなので、
体調を維持するために懐かしさに浸ろうかなっと。
書かないと逆に維持できなくなってしまう不思議・・・。
まぁ、
そんなに生きていない私、
しかも最初から最後まで見たアニメが少ない私なので、
紹介・感想できる範囲が少ないので続くか不安です(笑)
では、ウィ~ウィ♪
スポンサーサイト

【2011/06/04 03:12】 | 日記+@。
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。