好きな音楽、学校生活、ギター、アニメ、ゲーム。忘れたくないから残せたら良いな。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんは~。

今日1つ目の記事ですが、
書くのは3つ目です。
そこは管理人という立場を利用しますので。
どうしても8月中に書きたかったこと、
夏の間に書きたかったことがあったので。



そんな比較第二号。
『AIR』

今回はゲーム版とアニメ版のOPの比較。
アニメの方は時間が取れなくてまだ見ていないのですが、
ぜひ来年の夏にでも見たいですね。
今年は見ようとは思ったんですけどね、
事情がありまして・・・。
ということで、
出会いはゲーム版から。
曲やキャラクター、お話はそれなりに知っていましたが、
やっぱりプレイすると知ったか感を実感しますね。
時間があればもう一度初めからやりたいです、
今回は記憶を消したいなんて思わないで。
いなくなってしまう『あたりまえ』や、
いなくなってしまった『あたりまえ』を、
私は忘れたくないから。


アフター(上)。
アニメ『AIR』OPより
曲:鳥の詩 唄:Liaさん
ビフォー(中)。
ゲーム『AIR』OPより
曲:〃 唄:〃
アフター(下)。
アニメ『AIR』OP(Blue-ray版のロングver)より
曲:〃 唄:〃




どうでしょうか。
せっかくなのでビフォーを挟んでみました。
前に比べたことがありましたが、
ゲームとアニメでは、
『The 1000th summer ――』や『key』や『AIR』など、
出る順番がバラバラなんですね。
あとキャラクターも、
神尾観鈴(金髪の女の子)以外の2人が逆になっています。
タイミングの取り方も少し違いますね。
ヒロインの部分はもう・・・原作を意識してくれて、
嬉しい限りですよ。
髪飾りとか手の形とかそのままじゃないですか、
さすがです・・・。
あと思うのは、
最初のバス停(中)と空(下)は、
視点が違うのかなっと思った。
最後の方も今度は逆の風景が映っているから。
堤防(中)と海で遊ぶ子供たち(下)みたいな。
誰の視点かはあえて言いませんが。
あとは、
アニメだけあって、
よく動きますね~、
髪の毛とか雲とか。
5年経っても色あせません。

個人的に、
考えさせられることが多かった作品の一つですね。
内容を理解しても、
それだけじゃ足りないんです。
考えないといけないんです。
『The 1000th summer ――』だけあって、
1000年分みっちりとはありませんが、
その長さを理解してしまいます。
勉強になりました。



おまけ。
『AIR』より
曲:羽根




じゃあ、
終わりにします~。
時間があと1時間ありますので、
もう一つ書きましょうか。
(この記事は順番は一番でも3番目に書いた記事です)
同じ作品ですけどね。
どうせ夏の終わりですし。
こんな感動を与えてくれた憧れの人はもういませんが、
一度お会いしてみたかったですね。
そう思うのは私だけじゃないはずですが。
では、ウィ~ウィ♪
スポンサーサイト

【2011/08/31 23:46】 | 比較でも。
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。