好きな音楽、学校生活、ギター、アニメ、ゲーム。忘れたくないから残せたら良いな。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんばんは~。

起きたら夜でした、
みいるです。
最近休みの日を、
太陽を見ずに迎えるということが多いんですよ。
夜更かしとか気をつけねばなりません。
あと宿題を貯めるのも気をつけたいですね、
そろそろ危険です。


さて、
今日は本の紹介でも。

喜多川泰さん
『「また、必ず会おう」と誰もが言った。』


あらすじ。
それはウソから始まった。
高校2年の夏休み、
熊本に住む秋月和也は、
ちょっとしたウソを友達についてしまい、
家族にも内緒で一人東京ディズニーランドに行くこととなる。
しかし、
帰りの飛行機に間に合わず乗り過ごしてしまい……。


「また、必ず会おう」と誰もが言った。「また、必ず会おう」と誰もが言った。
(2010/11/18)
喜多川 泰

商品詳細を見る




読み終えてからの率直な感想を言うと、
掃除がしたくなる本でした。

一人で、
しかも親や友達にも内緒で、
帰れなくなってしまいどうするか・・・というものですね。
空港で途方にくれていると、
一人のおばさんが話しかけてくれ助けてくれます。
その人が帰る方法を教えてくれるのですが、
それがまたとんでもないことで・・・。
でも言っていることは間違いではなく。
そこから帰るための一人旅が始まります。

個人的に、
私が男の子に生まれていたのなら、
こういうことしてみたいなぁ~と思います。
昔から旅に憧れていたもので^^;
自転車で適当に走って、
写真とか撮って、
お金はまぁ貯まっているのとか使って、
旅館に泊まるとかじゃなくて野宿とか、
そういうのをしてみたいんですよね。
だからこの本を読んでいて、
私が男の子だったらこんなことしていたかもな~と、
思っていたり。。。

あとは、
初めて題名を見たときに思ったのが、
『なんか暗そう・・・・・・』と。
なんかよく分からないけど、
来世とかそういうのを予想していたという。
よくぞ裏切ってくれました(笑)



喜多川泰さんの本は、
今回の『「また、必ず会おう」と誰もが言った』で2冊目です。
・・・・・・と思っていたら、
そのもう1冊の方の感想、
私書いてないみたいですね、
驚きです。
『君と会えたから・・・・・・』という本なのですが。
なんというか、
喜多川さんの本って良い意味で癖がありますね~。
ぜひ他の本も読んでみたいと思います。



じゃあ、
終わりにします~。
私のクラスを担当している古典の先生の話ですが、
結構嫌われ者です。
言っていることは間違ってはいないのですが、
なんか嫌われているんですよね。
実はその先生の授業を受けるまで、
『古典』というものに全く興味が無かったのですが、
今では大好きになるほどに^^;
それで宿題というか自由課題で、
いくつかの古文を暗唱するというものを出されました。
『竹取物語』や『徒然草』などですね。
一度中学の頃に授業で同じものの暗唱をやったのですが、
当時ひねくれていたのでやらなかったんですよ(苦笑)
ようは面倒で逃げたのですが、
今回せっかくなので向き合おうと思いまして・・・。
頑張りたいと思います。
では、ウィ~ウィ♪



拍手のお返事です。



水さんへ

こんばんは~。
拍手ありがとうございます^^

ありがとうございます!!!
いや~、
何度も壁にぶち当たりましたが、
無事に合格できました。
もう遊びまくりですね~(笑)

おぉ、さすが水さん知っているのですね。
『ママレード・ボーイ』は、
同じ家に住むということにとても憧れました。
遊君はホントに良い男の子ですよね、
今ではあまりいないタイプの子です。
恋人を励ますために
命がけの事(窓から窓へ飛び越えたり)をしますからね~。

ではでは~。




月華さんへ

こんばんは~。
拍手ありがとうございます^^

ありがとうございます!!!
これで安心していろいろなことに向き合えます。
まずは荒れている部屋の掃除ですね(笑)

いや~、
まさかこんな私が大学生とは・・・。
休み時間にドッジボールをしていた頃が懐かしいです。
ブログ継続はどうでしょうね~・・・
今後大学から通信教育(課題)が来るので様子を見ますが、
手を放せない程度に難しいことをするかもしれないので^^;
どうなるか分かりませんが、
ありがとうございます♪

ではでは~。
スポンサーサイト


追記を閉じる▲



拍手のお返事です。



水さんへ

こんばんは~。
拍手ありがとうございます^^

ありがとうございます!!!
いや~、
何度も壁にぶち当たりましたが、
無事に合格できました。
もう遊びまくりですね~(笑)

おぉ、さすが水さん知っているのですね。
『ママレード・ボーイ』は、
同じ家に住むということにとても憧れました。
遊君はホントに良い男の子ですよね、
今ではあまりいないタイプの子です。
恋人を励ますために
命がけの事(窓から窓へ飛び越えたり)をしますからね~。

ではでは~。




月華さんへ

こんばんは~。
拍手ありがとうございます^^

ありがとうございます!!!
これで安心していろいろなことに向き合えます。
まずは荒れている部屋の掃除ですね(笑)

いや~、
まさかこんな私が大学生とは・・・。
休み時間にドッジボールをしていた頃が懐かしいです。
ブログ継続はどうでしょうね~・・・
今後大学から通信教育(課題)が来るので様子を見ますが、
手を放せない程度に難しいことをするかもしれないので^^;
どうなるか分かりませんが、
ありがとうございます♪

ではでは~。
スポンサーサイト

【2011/11/24 01:05】 | 本。
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。